海外旅行で予防接種(イエローカード)の準備は必要か?

     初めての海外旅行TOP > 海外旅行するのに予防接種(イエローカード)の準備は必要?

スポンサード リンク

 予防接種イエローカード)に関しては、初めての海外旅行という以前に通常考えうるメジャーな国や地域に海外旅行をすると仮定するなら必要無いレベルではないかと思います。私自身も海外旅行へ行くからといって予防接種やイエローカードの取得は過去に一度もした事はありません。(あくまで私的見解であり予防接種するのが本来ベストなのは言うまでもありません)

 アフリカとか中南米や発展途上国へ海外旅行へ行くのであれば原則必要かと思いますが、イエローカードの提示が無ければ入国できない国もありますから、そういった国々であれば準備が必要という認識で良いのではないでしょうか?まあ一般的にイエローカードの取得が必須な国や地域ならば他に予防接種が必要になるケースも殆どの場合であるかと思いますけどね。

予防接種が必要な病気や感染症とは?

 上記でも書いたように黄熱病のみが予防接種の対象という訳ではなくその他にも現在の日本の衛生環境では殆どかからない病気(伝染病)なども海外旅行先では起こりえますので以下に主に注意が必要な病気や伝染病をあげてみます。 まあ本当にイエローカードが必要な国や地域へ海外旅行(というか旅!?)する時には本格的に調べるかとは思いますが黄熱病=イエローカードばかりが注目されがちですが日本では過去の遺物となった感のある伝染病だって現役バリバリですから注意し気をつけましょう!!

 ・黄熱病・・・予防接種が必要とよく聞く黄熱病はアフリカや南米の一定の地域で非常に感染リスクが高まるそうです。主に蚊がウイルスを媒介して感染します。名前の由来として発熱と肝障害による黄疸を伴うことから黄熱病と言われてるらしいです。

 ・狂犬病・・・狂犬病ウイルスは日本ではほぼ無くなりましたが、海外では今でも過去の病気ではなく社会的に深刻な感染症の一つです。狂犬病は犬、猫その他の野生動物から主に噛まれたりすると感染しますが狂犬病ウイルスという位ですから他のウイルスのように飛沫感染の可能性も無いわけではないようです。発症するとほぼ100%死んでしまいます。狂犬病とはその位恐ろしい病気です!!本来であれば渡航前の予防接種をぜひお勧めします。

 ・破傷風・・・土の中にある破傷風菌が傷口から入って感染します。大概の方は子供の頃にワクチンを打ってるかと思われます。感染するととっても強力な神経毒で傷口から最終的には脳へと回っていくらしいです。ワクチン効果は一生ではなく成人を過ぎる頃には弱まってるようなので心配なら予防接種を受けたほうが良いでしょう。

 ・A型肝炎・・・A型肝炎はウイルスに汚染された食べ物を食べたり飲み物を飲んだりから感染するルートが圧倒的かと思われます。(例)大きいトイレしたのに手を洗わないで調理したり食べ物運んだりとか 万が一A型肝炎に感染するとひどい肝障害を伴う発熱や黄疸、倦怠感などの症状が顕著にでてきます。食品に対する衛生管理や概念が国中に浸透している日本には抗体の保有者が少ないため、海外旅行中にとてもかかりやすい病気のひとつだったりします。

 ・日本脳炎・・・日本脳炎ウイルスは豚が保菌していてアカイエ蚊が媒介する事により感染するようです。極東、東南アジア、南アジア一帯に広く分布しています。死亡率、後遺症、完全治癒はそれぞれ30%程と恐ろしい病気だったりします。蚊なんて何処でもいますから虫除けスプレーやベープみたいな蚊取りマットに蚊取り線香なども使い予防しましょう。

 ・コレラ・・・海外旅行で食中毒になってしまう場合の代表的な感染症のひとつです。汚い水や衛生状態の悪い食事から経口的に感染して、多量の下痢をすることがコレラの特徴だったりします。東南アジア、アフリカ、南米を中心に少なくとも年間30万人以上のコレラ患者が記録されていて、多くの子供たちの命が奪われているようです。ワクチンの効果は約半分と完全に予防とはいきませんが、ワクチンを接種していればコレラを発症しても軽くすむ可能性が高くなり、衛生管理に問題のある不衛生な地域へ海外旅行するときは予防接種をうけておいたほうが良い事にはかわりありません。

 ・ポリオ(急性灰白髄炎(きゅうせいかいはくずいえん))・・・ポリオウイルスによって感染するウイルス感染症です。一般に小児麻痺での認知度が高いですが成人でもポリオウイルス感染の可能性はあります。ポリオウイルス感染者の便から排出されたウイルスによりさまざまな経路で経口感染するようです。世界的に大幅に減少していてポリオの常在国はインド、パキスタン、アフガニスタン、ナイジェリアの4カ国と言われていますが周辺国など海外旅行される場合は注意が必要です。

 ・ジフテリア・・・ジフテリア菌によって、鼻や咽喉が侵される病気です。感染力が非常に強く、致死率も高い病気だったりしますが、現在は予防接種の普及により日本などの先進国においてはまれな病気となっています。ジフテリア菌の潜伏期間は2日~5日で飛沫感染によって感染するそうです。症状としては菌が産生する毒素によって発熱や全身症状といった状態になります。

 ・マラリア・・・マラリアという病名はよく聞くかと思いますがマラリアに有効なワクチンは今現時完成していません。マラリアは熱帯、亜熱帯や発展途上国では冗談抜きで決して珍しくはなくよくある病気のひとつなのです。海外での感染症を語る上で避けて通れない程メジャーだったりします。 厄介なことにマラリアも他の感染症に多くあるように蚊に刺されることにより感染してしまいます。 対処方法としては抗マラリア薬という物がありますので、それを週に一回服用することで大部分のマラリアは予防されます。ただ運が悪く最も恐ろしい熱帯熱マラリアという原虫にはこの薬が効かないものが出てきておりますので最も有効な手段は蚊に刺されないようにする事だったりします。長袖長ズボン・虫除けスプレー・ベープなどの蚊取りマットや蚊取り線香を携帯しながら海外旅行するようにしましょう!!

 ワクチン接種の計画は余裕をもって早めにしましょう!! 一種類のワクチンでも数回(2~3回)接種する必要のあるものもあります。海外への旅行を思い立ったら早い時点で(できるだけ出発3か月以上前から)、予防接種機関や検疫所で、接種するワクチンの種類と接種日程の相談をするようにしましょう!!

 なお上記の予防接種の各記載に関しては個人的な見解ですので専門機関のWebサイトなどで最終的な確認と判断を自己責任の元で行ってください。ひつこいようですが黄熱病(イエローカード)だけでなく他の伝染病への感染も十二分に注意が必要ですので気をつけましょう!!



・海外旅行に関連する色々なテーマやカテゴリ

海外旅行で薬の準備は?-薬は現地で買うのか?準備してくのか? ・海外旅行保険加入の準備は?-海外旅行保険だけは絶対に要加入です ・団体カウンターの利用-GWや年末年始は要注意です ・海外での食事環境について-海外では細かい事は気にしない ・レンタルのスーツケースは?-あなたはレンタル派?購入派? ・海外旅行への必要額は!?-皆どれくらいのお金を用意してるんだろう? ・LINEは海外でも無料なの?-こんなお悩みが意外に多いみたいなので・・・

TOPページへ