海外旅行中の休憩は大事なのか?

     初めての海外旅行TOP > 海外旅行中の金銭トラブルについて

スポンサード リンク

 海外旅行中には様々な金銭にまつわるトラブルがありますが、とにかく日本人はお金が絡む犯罪でターゲットになる確率が高い=リスクがアップなケースが多々あります。やはり相変わらず外国で日本人の一般的な認識としてはお金持ちという旧来のイメージが根強く残ってますので仕方がないのですが・・・だからこそ海外旅行先では気を引き締め普段日本で生活してる時より格段に警戒レベルをUPして観光やショッピングに勤しんで欲しいなと思うのですが、それでは一体どんな金銭トラブルが海外旅行中に待ち受けていて自分の身に降りかかってくる可能性があるのでしょうか?

 そんな感じで疑問に思って当然かとも思いますが順を追って説明してみたいと思います。(ここで頭の中に一切疑問点や何か金銭トラブルを回避するコツは無いのかと考えが及ばなかった方は要注意です)

海外旅行中の金銭トラブル事例

 ①ぼったくり・・・これは金銭トラブルというか恐らく気付いてない場合も目一杯あると思うので変な感じですが一般的にはお土産を購入したりした際やタクシーに乗った際の料金を誤魔化されるとかレストランでの2重価格とかが考えられます。それに日本じゃあまり考えられませんがレジのつり銭を適当にちょろまかされたりとかも少し油断するとあったりします。まあ冒頭にも書いたように日本人はお金持ちでお人好しみたく思われがちで悪い輩からは鴨がネギ背負ってやってきたみたいな捉えかたされてるケースが多々あるので念には念を入れて気をつけましょう。

 ②怪しい儲け話をもちかけられる・・・東南アジアなどで昔から良く耳にしますがお金が儲かるから協力してくれ的な怪しさ全開の詐欺の類だったりします。どっか家に連れてかれて賭け事したりする訳ですが最初は調子よく勝たせておいて最後の方で一緒に組んで金持ちを嵌めようみたいに誘ってきて最終的には借金をさせられてしまうみたいなパターンが典型的かと思われます。関連するページで詳しく説明していますので興味があれば参考程度にはお役に立てるかと思います。何にしても日本も海外も一緒ですから本当に旨い話なんて赤の他人に教えてくれるはずなんて有り得ませんから、自分だけは特別なんて思い違いしないで欲をだすのは止めましょう。敵も饒舌に誘ってきますがチョット警戒してれば嘘は丸分かりですからね。(やっぱり若い学生さんなんかが餌食になってる割合が高いようですが自業自得とはいえ本当に気の毒です)

 ③交渉制の交通機関・・・国によっては(といっても後進国が殆ど)タクシーだったりバイクタクシーなど(シクロやトゥクトゥクなんかも)がメーター制でない場合も多々ありますがそういうケースでは目的地までちゃんと交渉したにも関わらず到着後に約束と違う料金を要求してくる場合なんかがあったりします。はっきりいってこういうのを生業としてるドライバーにあたったら一筆紙に書いてようが何しようが結果オーライみたいな感じで吹っかけてきます・・・要するに防ぎようは無いに等しいのですが、そういった時でも最初は毅然とした対応を心掛けましょう。意外に生粋の悪みたいなのは少なくてダメ元でぼってる人が多いので大概は何とかなります。ただ最悪なドライバーにあたった場合においては運が悪かったと諦めて少々の差額だったらケガしたり命に係わっては大変なので支払った方が懸命です。(そこら辺の匙加減は非常に難しいですけどね)

 ④両替所において・・・これも気をつけた方がいいのですが日本円を現地通貨に両替した際に実際の金額より少しピンハネしてるとかそんな感じです。特に日本円を1万円でも両替しようものなら凄い札束で渡される国なんかは要注意です。数えるのも面倒だし圧倒されて窓口を離れていざ正確に金額を計算し数えたら足りなかったみたいなパターンかと思いますが絶対に窓口を離れる前には両替金額をチェックして何かあれば文句を言うくらいの気構えが必要です。どっちにしてもお金を受け取ったらその場で数えて納得するまで離れないというのは徹底しましょう。もし不満があれば受け取った現地紙幣を返して日本円を返してもらうとかの交渉も全然ありだったりします。

 ⑤クレジットカード利用の際のスキミング・・・最近は日本じゃあまり聞かなくなりましたが海外旅行中にクレジットカードを使う機会は多々ありますが常にスキミングされるかも位の警戒は必要です。もし店の裏へ行くとか不審な点があれば躊躇無く呼び止めてカードを返してもらうなどしてトラブルは未然に防ぐように心掛けましょう。同様に伝票の金額の欄はシッカリ確認して桁が一つ違ってないかとか値段は違ってないかとか基本的なチェックも怠ってはなりません。なおそれに付随してサイン(署名)をする時にはアルファベットなどは書かずに漢字で書いて下さい。中国とかだと効果は薄いかもしれませんが一般的に外人は漢字なんて書けないし真似ても変梃りんなんで何かあった時にカード会社とのやり取りで自分が買ってない証明の一つになりますからね。

 上記は、あくまで海外での金銭トラブル事例の極少数でしかありませんので大なり小なり色々ありますが結局の所は意識の問題で海外旅行中は日本とは違うというのを肝に銘じて金銭が絡む際にはある程度の警戒レベルさえ保っておけば、まず被害には遭わず大丈夫ですので常に悪い奴に狙われてる位の気構えで観光にショッピングと行動するようにしてみましょう。(あんまり警戒しすぎても旅は楽しくないですし現地人との交流とかに支障がでますから難しいですが程度の問題なんで常識的に考えておけば宜しいかと思う次第です)



TOPページヘ