海外旅行の時の搭乗手続きの流れは?

     初めての海外旅行TOP > 海外旅行における搭乗手続きの流れ

スポンサード リンク

ホテルや旅館に泊まった際にチェックイン手続きがあるのと同様に海外旅行で飛行機に乗る場合にもチェックイン=搭乗手続きがあります。まあ飛行機の搭乗手続きに関しては航空会社のチェックインカウンターにプロフェッショナルな係員の方々がいらっしゃいますから、これといって難しい事はないのですが(航空会社によってはチェックインマシーンでセルフの場合もありますが一人も係りの方が居ないのはないと思われ)まあ言われるがままに淡々とパスポートと航空券を提出してれば通常は無難に進んでいきます。通常は無難に搭乗券(ボーディングパス)をGETできます。

その際に気をつけたいことはスーツケースなど手荷物以外の荷物に関しては預けなくてはならないという事です。ですのでチェックイン手続きをする前に機内に持ち込もうと思ってる手荷物は予め分けておかなくてはなりません。搭乗手続き時にチェックインカウンターの前でスーツケースなんかの荷物をバーっと広げてなんてしてるとスマートでは無いので注意しましょう。(なお液体やクリーム状の物やライターなど手荷物としての機内持ち込みには制限がありますので事前にチェックしてジップロックなども用意しておいたほうが無難です。100円均一のダイソーなんかでもそういった類のアイテム売ってますので必要ならば購入をすれば間違いないです) また飛行機にチェックインカウンターでスーツケース等の荷物を預ける際には航空会社のカウンターで預ける荷物(受託手荷物)の中には航空券・パスポート・入国カード・予防接種証明書等の出国手続書類、貴重品は絶対に入れたままにしないようにしましょう。恐らく係りの方が気にかけてくれるんで大丈夫ですが、航空券やパスポートが無ければ出国できません!!それから預けた荷物の引換証・半券は(クレイムタッグ)目的地の空港で荷物を受け取る際に必要なので、大切に保管しておかなくてはなりませんので捨てたりするのはもっての他ですし紛失にも注意が必要です。万一荷物が届かなかった場合(ロストバゲージ)の手続きに必要でもし無いと全く相手にされない恐れがあり泣き寝入りの可能性大です。

また各航空会社の規定により様々ですが無料で預けられる荷物の個数や大きさは違うので事前にWEBサイト・HPでチェックしたり問い合わせをしておいた方が無難だったりします。無料分をオーバーすると結構な金額で徴収されるんで予期せぬ出費だと気分も悪いですしせっかくの海外旅行が初っ端からスムーズでないと済し崩しに成りかねません。稀にオーバー分の別料金に腹を立てて文句言ったり食って掛かってる旅行者の方を見かけますが無駄な抵抗なので止めましょう・・・。

基本的には3辺の長さの合計や重量ですので事前準備としてメジャーで長さを測ったり家庭用の体重計なんかで重さを計っておくようにして下さい。

それから搭乗手続き=飛行機のチェックインは基本としてチェックイン可能の時間になったら少しでも早く列にならんで一刻も早く済ませましょう。友人や恋人、家族と座席が一緒でないと飛行機の長旅は苦痛だったり不安という方が大半かと思いますし赤ちゃんを連れててバシネットが必要なんて場合は極力チェックインカウンター職員の方も座席の場所を調整してくれますが遅いチェックインだと席が埋まってしまって融通が利かなくなる場合がありますので注意が必要です。

それにチェックイン後に出国になりますが出国審査後に免税店にてショッピング・買い物をしたいと考えてる場合も余裕をもって行動をした方が何かと都合がいいですからね。チェックインが遅くなるとシーズンによっては出国審査が終わるまでに意外と時間を食うケースも考えられますので注意しましょう。

なお通常では関係ありませんが妊娠してたりすると別途特別な手続きが必要だったりします。私はあまり褒められる事では無いですが(本来なら避けるべきなのは重々承知です)2度ほど妊娠中に海外旅行でハワイとタイへ行った事があるのですが、成田空港では何か問題が起きても自己責任ですみたいな書類を書かされたり、あげくタイに5日間の日程で旅行した時には成田では別途書類にサインしただけで問題無く出国できたのですがイザ帰国の際にスワンナープ国際空港にてチェックインしようとしたら妊婦は飛行機に乗っても大丈夫という医師の証明書が無いと飛行機には乗せられないとかウダウダ言われて時間も迫ってるのに空港内で医師の診察を受けろとか言われて、フライト時間に間に合わなくなりそうなトラブルを経験した事があります。(もちろん航空会社のWEBサイトにある注意事項では搭乗OKな妊娠月数だし証明が必要なケースでは無いにも関わらず)

その際は、一応英語が多少できる事も幸いして難を逃れましたが危機一髪でした。最終的には、やっぱり妊娠なんかしてない勘違いだし何か問題あっても自己責任だから飛行機乗せてくりゃ~みたいな支離滅裂な事を捲くし立てて帰国できないと困るんだ~とか見っとも無いやり取りの末に事無きを得ましたが生きた心地はしませんでした。実際タイでのチャイナエアラインのスタッフは最初ダメの一点張りで成田の対応が間違ってるとかWEBサイトに何と書いてあるにも関わらずダメとか話にならなかったのでマジでヤバかったです・・・。

とまあ話は少し逸れましたが何が言いたいかといえば出国時にしろ帰国時にしろ搭乗手続き・チェックインでは何が起こるかわかりませんので少しでも早めにフライト時刻に対して余裕をもった行動をした方がいいですよって事だったりします。上記の例は妊娠中のケースで特殊ではありますが他にも想定できないトラブルは有り得ますので参考程度に書いてみました。(それ以降はトラブルになりそうな場合にそなえて利用する航空会社の規定をHPからプリントアウトして日本語分と英訳したものとを準備するようにしています)



先頭ページへ         サイトマップ 2 3 4   タグ一覧