海外旅行の準備 入国審査はどうするの?

     初めての海外旅行TOP > 海外旅行準備として入国審査について

スポンサード リンク

 初めての海外旅行では日本出国までも然ることながら海外旅行先の国での入国審査に関しても同様に心配や不安があるかと思います。もしくは全く意識されてない方もいるかもしれませんが出国なんかと同じように列に並んで淡々と進んでいけば余程の事が無い限りあっという間に終わってしまいます。しかも手荷物検査やセキュリティーチェックが無いので更に簡単楽チンです。

入国審査で大事な事や流れなどについて

 それよりも入国に関してメンドウなのは入国カードや税関への申告カードの記入をフライト中の機内で済まさねばならない事です。もちろん空港に降りてからでもOKですが時間が勿体無いですしツアーなら(基本フリープランでも)送迎は団体で行うのが殆どですから他の旅行者の方たちを無駄に待たせてしまい迷惑をかけてしまうので飛行機内の中でカードの記入を終わらせておきましょう。

 入国の際に必要な入国カードや税関申告カードはCA(スチュワーデス)の方が配るのが常ですから必要な枚数分を貰いガイドブックなんかの記入例を見ながらパスポート番号や滞在先など諸々正確に書き込んで下さい。もしガイドブックが手元に無ければ座席のシートポケットに記入例の手引きが入ってる事もあるので参考にしましょう。意外に普段書かないものですから手間取ったりしますが恐らく書けない人はいないと思いますが英語の意味が解らないとかなら電子辞書で調べるなり近隣の席の人に尋ねるなりすればOKかと思います。

 そして空港に到着してからの流れですが基本はArival(到着)などの案内が看板にでてますのでそれを目標に進みましょう。基本大勢の旅行者の流れについてけば良いのですが、稀にトランジット(乗り換え)の集団だったりするんで注意が必要です。分からなければ聞いてみる!!コレは非常に大事です。

 無事に辿り着くと入国審査のカウンターに到着しますので列に並んで自分の順番が来たらパスポートや入国カードを係官に提出します。こっからは海外旅行先の国々によって千差万別なんでアレですが基本的には無言のやり取りでスタンプ押して終わりが多いです。(日本国籍のパスポートは威力絶大です)アメリカとかは例の事件の後は指紋のスキャンや顔写真の撮影などありますかね。後は簡単な質問として入国目的や滞在期間・滞在ホテルなどを聞かれたり、復路の航空券の提示を求めたりするケースもありますが係官の気分次第といったとこかと思い生ます。

 まあカタコトでも単語だけでOKですので気にせず回答しましょう。間違ってもモジモジして無言なのは止めましょう!!ジェスチャーでもなんでもOKなんで何かを伝える意思を見せましょう!!99%無いですが、くだらない理由で別室に連れてかれたりしたらマズイですからね・・・。稀に国や地域によっては賄賂を要求してきたりと有りますがとんでもない金額とか出なければサッサと支払った方が楽ですし無難かと思います。しかも交渉とかしないで数ドルを会話もせずあげるのがベターです。(経験上)

 その後にようやく荷物と御対面となります。ターンテーブルでグルグルとまわってますので他人の荷物と間違えないように気をつけましょう。万が一破損してたりロストバゲージだったりしたら別に手続きが必要になりますが別の機会に置いといて、何も無ければ税関申告カードを回収されて税関を通過して無事に終わりといった感じです。税関にて申告が必要な方は機内で記入した税関申告カードを提出してお金を払って終了といった流れになります。これも多少の違いはあれ大よそは似たような流れなんでアシカラズ。

 税関でも入国審査同様に国や地域によっては賄賂カモーンな場合がありますがケースバイケースでの対応で乗り切りましょう!!



TOPページヘ