海外旅行する際の持ち出し金額の制限や申告について

     初めての海外旅行TOP > 海外旅行する際の持ち出し金額の制限・申告について

スポンサード リンク

 海外旅行へ行く際にいくつか決まり事みたいなのがありますが、今回はその中でも海外旅行出国時の持ち出し金額制限のお話です。税関や空港のウェブサイトみると詳しいことは載ってますが基本的に100万円相当額とかオーバーしたら申告は必要です。ただ申告したからと課税されて税金が取られるとか、没収されるとかじゃやないみたいなので正直に申告はしましょう。(なんだか申告するとお金を取られてしまいそうなイメージありますからね)

出国時よりも海外旅行先での入国時が問題らしい!?

 ただ問題なのは日本を出国する時の持ち出し金額の申告時ではなく海外旅行先での入国時だったりします。それは入国する国によって現金の持ち込み金額に制限があったり決まり事があって申告を怠ったり虚偽の申告をすると現金没収や入国拒否、拘置処分など色々と面倒なケースが考えられます。それでもって一度没収された現金なんかは最悪取り戻せないケースまで結構な可能性で考えられますので注意が必要です。

 多額の現金を持ち歩くというのは一般的には悪いマネー、後ろめたいお金というのが海外での認識のようですので正直な申告もそうですが、できる事なら現金を大量に持ち歩くのは止めた方が良さそうです。クレジットカードを利用したり、トラベラーズチェック、ATMでのキャッシング、銀行からの海外送金など大量の現金を持ち歩く必要のなくなる方法はてんこもりですからね。(今だと普通はクレジットカードの利用が一般的ですね。一昔前だとトラベラーズチェックとかかな?)

 一応下記に税関のウェブサイトの現金及び外国製品等の持ち出しの項目を説明を載せておきます。

 1.現金等支払手段の持出し(持込み)

 100万円相当額を超える現金等を携帯して出国又は入国する場合には、事前に税関への申告が必要です。

 (1)申告が必要とされるのは、次のような場合です。

 ① 次のものの合計額が100万円相当額を超える場合 ・現金(本邦通貨、外国通貨) ・小切手(トラベラーズ・チェックを含む) ・約束手形 ・有価証券 (株券、国債等)

 ② 金の地金(純度90%以上)の重量が1kgを超える場合 (参考)課税価格の計算に用いる実際の外週為替レートは、税関ホームページ内「課税価格の換算に用いる週間外国為替相場」を参照してください。 株券等の場合、その時価、帳簿価額又は取得価額のいずれか大きい額で申告を行ってください

(2)「支払手段等の携帯輸出・輸入申告書」に住所、氏名、支払手段等の種類・金額等を記載して、空港等の税関に申告してください。 当該様式は、空港の税関検査場や海港の税関官署等に備え付けている他、税関ホームページの様式を印刷してご使用することもできます。 現金等の持出持込に関しては金額の上限はありません。また税金・手数料等はかかりません。ただし、金の地金の持ち込みの際には8%の税金がかかりますのでご注意ください。

 現金等の持出し(持込み)に係る相手国の手続及び規制内容については在日大使館等にお問い合わせください。 (関税法第67条、関税法施行令第58条及び第59条、外国為替及び外国貿易法第19条第3項、外国為替令第8条の2、外国為替に関する省令第10条)

 2.外国製品等を持出す場合の手続

 海外旅行の際に現在使用している時計、ネックレス、指輪などの外国製品(外国製品か否か判断が困難なものを含む)を外国に持出す場合は、「外国製品の持出し届」に持出すものの品名、数量、特徴などを記入し、現品を添えて税関の確認を受けて下さい。用紙は税関にあります。

 スーツケースなどに外国製品を入れて「機(船)内預け」とする場合は、航空(船)会社へ荷物を預ける前に必ず税関の確認を受けて下さい。 この確認を事前に受けてない場合は、帰国時に外国で購入したものと区別できずに課税されることがあります。 また、この持出し届は、帰国の際に税関に提出する必要がありますので、紛失しないように大切に保管しておいて下さい。

 まあ色々と記載されてますが一般の海外旅行者にはあまり関係無いですし、どっちかというと2番の項目にある外国製品等を持出す場合の手続きの方が厳密に行われたらまずそうですけどね。外国のブランド品の一つや二つを持ってたり身に付けてたりしますからね。こんなんで課税されたらたまりません。

 ていうか「外国製品の持出し届」なんているのだろうかって思ってしまいます。そんな感じで海外旅行する際の持ち出し金額の申告についてのテーマでしたが、もし多額の現金や小切手なんかで100万円相当額を超えるなんてレアなケースに該当する際には正直に税関に申告しましょうというお話でした。



TOPページへ