海外旅行豆知識 飛行機で耳抜き

     初めての海外旅行TOP > 海外旅行時の飛行機で耳抜きはどうする

スポンサード リンク

海外旅行に際して、初めて飛行機に乗るとかだと離着陸時に耳がキーンとなったり痛くなったりの感覚は分からないかとは思いますが、何回飛行機に乗って経験しても嫌な感覚だったりします。 この耳の中が痛くなる原因は、よく知られているように離着陸時の急激な気圧の変化なのですが、理屈としては上空は気圧が低く、離陸して上昇すると気圧が下がるし上空から着陸に向けて降下すると気圧が上がるといった急激な変化が耳の中に異常を起こしてキーンとなったり痛みを発生させているようです。(専門的にはわからないので飛行機の急激な離着陸時に耳が痛くなるメカニズムを具体的に知りたい方はググッてみてください)

そこで耳が痛くなる場合に、それを避ける方法や改善する方法は何かないのかと考えるかと思いますがいかがでしょうか?まあ耳の痛み具合も体質によって変わってくるので人それぞれですから気になる人・あまり気にならない人とあるでしょうが大抵の方は急激な気圧の変化による耳の痛みや不快感を避けたいし改善したいはずです。

そこで今回は海外旅行だったり国内旅行だったり私的に飛行機を利用する時の離発着時に試している耳抜きの方法を書いてみたいと思います。まあ、在り来たりの方法ですけど参考程度にご覧になってみて下さい。

ちなみに耳抜きというのは、ある動作の事を指していて耳が痛くなった時に耳管に空気を通して圧力の内外の差をなくしてやる事をいいます。 まあ耳抜きをする方法の中でも鼻を摘んで鼻に空気を送り込むのが一番メジャーですし手っ取り早いかもしれませんね。ダイビングとかした事あれば余裕かもしれませんが初めての経験だと耳抜きだってどうやればイイのか分からない人もいるかもしれませんので簡単な耳抜きの方法を以下に説明してみます。

耳抜きの方法はとしては各種ありますが・・・

①鼻を摘んで空気を鼻に送り込む

②唾を飲み込む

③水やお茶・ジュースなどを飲む

④飴玉・キャンディーを舐める

⑤気圧調整の付いた耳栓を利用する

まあ、耳抜きの方法は上記位かとは思いますが、最も効果を得られたと実感できて効率的なのは①の空気が漏れないように鼻を摘んで空気を徐々に鼻に送り込んでいって耳の中の圧を調整する方法になるかと思います。コツさえつかめば離発着の間中こまめに耳抜きして耳の痛みや不快感とは完全におさらばできてしまいます。*通常はこの方法がベストですしおすすめです。

で耳抜きの方法として②③④は簡単にできますが効果覿面では無く急激な気圧の変化による耳の中の痛みや不快感を軽減させるという意味合いが大きいのではないかと思います。効果的なケースとしては唾・液体・飴玉と併用する事により主に耳抜きができない子供さんや赤ちゃんに耳抜きとしての威力を発揮してくれます。(お子さん連れで海外旅行をお考えの方は気圧の変化で子供や赤ちゃんが苦痛な表情や泣いてるのを見るのは忍びないですから覚えておきましょう)

私の娘たちは海外デビュー飛行機デビュー共に1歳とバリバリ赤ちゃんですが上記②③④を併用する事によって離発着の際に耳の痛みや不快感を訴えてきた事はないですし泣いた事もありません。逆に飴玉やキャンディー舐めれてラッキーみたいに毎度ニコニコしてるので耳抜きとしての効果は期待できるかと思われます。

それから気圧調整のできる耳栓に関しては便利アイテムとして持ってはいますし何回か海外旅行のお供に持参してますが耳抜きの効果としては確信は持てていません・・・何故なら鼻を摘んで耳抜きを常にしてしまうから・・・。実験の為と我慢してればいいのですがチキンな私は気圧の変化による耳のキーンや痛みを微塵も味わいたくないので超こまめに耳抜きを自力でしちゃいます。

という訳で今回のテーマ耳抜きについて少しは理解していただけたでしょうか?まあ当たり前すぎて今更な方も多々いるかとは思いますが復習(?)も兼ねて耳抜きについて再考してみてはいかがでしょうか?



TOP        サイトマップ 2 3 4   タグ一覧