海外旅行で免税店の利用 出国編

     初めての海外旅行TOP > 海外旅行の準備 出国時の免税店利用

スポンサード リンク

海外旅行へ行くなら大勢の方が免税店の利用を考えてるのではないでしょうか?出国審査を終われば国外という扱いになるのでブランド品・化粧品・香水・タバコ・お酒なんかが免税となり普段購入してる価格よりTAXフリーでウ~ンとお買い得な金額で購入できてしまうので利用しない手はありません。これは海外旅行へ行く際の特典のようなものですからね。

特に何も難しい事はありませんが帰国時には日本の空港の免税店の利用はできませんので出国時に欲しい商品があれば迷わずに購入しておいたほうが無難なので注意しましょう。(意外と海外旅行ビギナーの方は帰国時も免税店を利用できると思ってる方は多いので・・・)それに当然ですが海外での免税店(空港内・DFS問わず)とは品揃えも違いますので化粧品でもタバコでもお目当ての品物があれば私的には即買いしてます。特に猛烈な円高の今は海外の免税店で買ったほうが安い場合もありますが品物が無ければ後悔しきりなので躊躇してる場合では無いと言い聞かせてます。日本国内で買うより商品によっては20%~40%位は平均的に安いんじゃないかと思うので細かい事は気にしないに限ります。

ただ海外旅行先への入国に関して品物により持ち込みの数量で免税範囲がありますので注意しましょう。当然帰国の際に関しても免税範囲はありますので事前にWEBなんかでチェックする事をおすすめします。(例えばタバコは何本までとかそんな感じの事)せっかくお得に買えても税関で税金をかけられては元も子もありませんからね。 あとは最近は便利なものでインターネット等を使ってお目当ての商品を事前予約が免税店でもできたりするんで欲しい商品が決まってたり免税店限定の商品や日本未発売・期間限定などの商品がどうしても欲しい、買いたいというケースにおいては利用するのが得策かと思います。

また出国審査が終わってからフライト時間までの限られた時間内でのショッピングとなりますので飛行機のチェックインや荷物のセキュリティーチェックなどはなるべく早くに余裕を持って済ませておきましょう。ギリギリだと落ち着いて商品の品定め(特にお化粧品とか)ができませんし最悪は免税店に寄る事ができない事態も考えられますので気をつけましょう。個人的には過去に2回程電車のトラブルとかでファイナルコール間際での出国となり悔しい思いをした事があります・・・。

という訳で今回は出国時の免税店の利用について書いてみましたが、過去に不思議体験として親切な年配の女性の方がANAかなんかの株主優待券みたいな5%か10%か忘れましたが免税価格より更に安くなるチケットのようなものを「私は使わないので、よかったらどうぞ♪」とかってくれた時があってラッキーな思いをした事がありました。(もちろん店員さんじゃなくて一般の旅行者の方)その時は、シャネルの化粧品とかタバコとか夫婦2人で結構な額で買ってたんで凄く助かりました。もしかしたら、そんなラッキーな出来事があなたにも起こるかもしれません・・・!?



TOPページヘ