海外旅行で化粧品を機内持ち込みする際の注意点

     初めての海外旅行TOP > 海外旅行で化粧品を機内持ち込みする際の注意点

スポンサード リンク

 海外旅行化粧品を持っていくのは女性にとっては避けられないであろう事ですが最近は空港でのセキュリティーチェックが非常に厳しくなってて液体だったりジェル状の物だったりと機内持ち込みの規制が昔に比べてかなり制限されてますから困ってしまいます。しかも機内持ち込みの制限の説明書きを一読してもピンとこないなんて方もいらっしゃるかと思います。もしかして化粧品は全然日本から海外旅行先に持参する事はできないの?とか極端に勘違いしてたり悩んでる女性の方もいるかもしれません・・・。

化粧品の機内持ち込みはどうしたら良いのか?

  結論からいけば化粧品は極端な話ですがスーツケースなんかに入れて航空会社のチェックインカウンターで預けてしまうような場合でしたら殆どの化粧品は何の問題もありません。ですから普段から使用している化粧品を海外旅行先でも使う事は全然可能です。問題になってるのは機内持ち込みする場合ですから覚えておきましょう。(そんな事分かってるに決まってると言われそうですが初めての海外旅行だったりしたら状況としては有り得ますので) そこで飛行機内に化粧品を持ち込む場合は?となる訳ですがそこも別に難しく考える必要はありません。

 各容器が容量100ml以下で透明の容器(ジップロックとかで検査する人が見えるように)が容量1000ml=1L以下に収まるように入れて持ち込みなさいみたいな感じです。それを超える液体やジェル、クリームなんかはダメですよ!!とかってニュアンスでOKです。検査する人も厳密にそれぞれチェックするわけではありませんし端から見て大丈夫ならセキュリティーチェック通過OKといったところです。(あくまでも検査する人の裁量もありますが要するに適当な大きさのジップロックに入れておけば規定を守ってる限り没収されたり破棄させられることはまずありません)

 ただ私的に思うにフライト中の機内でバッチリお化粧するのもどうかと思いますし機内は乾燥が激しいですから化粧水だったり本当に必要最低限の化粧品を100円均一なんかで売ってる小分けのボトルに詰め替えて持っていけば十分足りますし1Lでも問題無いかなって思います。それから没収されたり破棄されたりしたら困る化粧品に関しては絶対にスーツケースなどの中へ入れて受託手荷物として預けるようにしましょう。自分は大丈夫と思ってても検査官がダメといえばお役所的な感覚といっしょでアウトですからね。

 過去に化粧品ではありませんがメイク道具らしきものを危険物として没収させられてる女性の方を見た事がありますがいくらゴネても規則ですの一点張りで撃沈させられてました。 また出国審査が終わって女性の方は特にお楽しみの免税店でのショッピングがありますが、ここで購入した商品の液体物であれば容量オーバーしていても機内持ち込み大丈夫ですが、もしトランジットとかで乗り継ぎがある場合には没収の可能性がありますので注意しましょう。できるなら免税店で購入時に店員さんに聞いてみるのがベターです。



TOPページへ