海外旅行先では日本食をどうするか?

     初めての海外旅行TOP > 海外旅行先では日本食をどうするか?

スポンサード リンク

 海外旅行を考えた際に日本食の扱いをどうしようかと迷われたり気になってる方は結構多いようですが皆さんはどうでしょうか?白いご飯やお味噌しる、梅干し、納豆、焼き魚、豆腐などの単品や定食だったり天麩羅、蕎麦、うどん、お刺身など例えをあげれば日本食の類はきりがありません。荷造りの際にレンジでチンの白米や、フリーズドライのお味噌汁など入れようかどうしようかなんて悩みを今現在抱えてる方や過去の海外旅行で同様の悩みを経験した事ある旅行者の方は星の数ほど実際にはいることでしょう。

日本食に拘る必要も無いですし世界中の大概で日本食は食べれます

 まあそういった日本食関連についての悩みや疑問て日本人特有の永遠のテーマなんでしょうが実を言えば私的な感覚だとハッキリ言って悩む必要も考える必要も殆どありません!!と断言できてしまいます。 よっぽど毎朝この味噌汁じゃなきゃダメだとか特定の何かが無くてはならないとかでなければダメというのであれば海外旅行先に持参するしかありませんが単に日本食的な食料品は持ってた方がいいだろうなとか無難だな程度であれば必要は然程ありませんので少しフリーズドライのお味噌汁をスーツケースの中に詰め込む程度でOKだと思います。

 結論から言えば何十年も前の海外なら話は違ってきますが今の外国=海外では大概の国や地域に日本食を扱ってるレストランや定食屋なんてありますし(美味しい不味いは別として)メジャーな海外旅行先ならもう腐るほど乱立してますからガイドブック片手にレストラン関連のページ捲って適当に目星をつけて出掛ければ問題なしです。まあ探す手間や行く手間はありますが大した事ではありません。日本食の食材に関してもそういった商品を売ってるスーパーみたいのがチャイナショップやコリアンショップと同じような感じで営業してますからホテルのフロントスタッフに聞いたり海外旅行前にネットで少し検索かければ大概の問題は解決するはずです。

 もちろん少し大きめのスーパーなら結構な種類や品数で日本食関連の食料品を置いてます。値段は少々日本に比べたら高いのが常ですが気にする程ではございません。(食材云々は短期間の海外旅行日程だとあまり関係ないですけどね) それにせっかくの海外旅行ですから食事も文化と思って積極的に異国を経験する一環として日本食に拘るのもどうかと思いますし基本海外旅行だと殆どは外食と思いますからレストランなりフードコートなりでドンドン普段食べないよな料理にチャレンジした方がいいんじゃないかって私的には思います。

 海外旅行全日程の中日あたりに少し日本食も恋しくなってきた際のタイミングとかで日本食レストランで普段食べ慣れてるような料理を食す位が丁度イイのかなって思います。まあ人それぞれ考え方がありますからアレですけど私たち家族が海外旅行する際にはそんな感じで適度に調整しちゃってます。 ちなみに日本食レストランも他の中華やイタリアン、フレンチなどと同様に当たり外れが当然ながらありますから運任せというしかありませんが、できる限り冒険したくなくてハズレを引きたくないなら事前にネットの口コミなんかで下調べしていく事をオススメします。現地のパンフレットだったりガイドブックの写真の見た目や情報は案外当てにならないものですので念の為。

 他の国の料理と違って母国料理には舌が肥えてるのが普通ですからどうしても辛口評価になりがちですが、そんな中でも美味しいとの評判であれば少々お金が高かったとしても満足できる確率は高まりますからね。まあ私的には海外旅行先でも安くて美味しいが大前提なんで下調べなんかしないでガンガン飛び込む派なんでどうしようもありませんが、それも旅の醍醐味です。 とにかく海外旅行と日本食の関係について勝手気ままに書いてみましたがお金さえ払えばどうとでもなる問題でありテーマなんで深く考える必要はあまり無く、出来る事なら他の事に事前準備の時間を割いた方が賢明なのかなって個人的には思う今日この頃です。



・海外旅行に関連する色々なテーマやカテゴリ

海外旅行でガイドブックの準備は? - お気に入りのガイドブックを見つけましょう ・海外の水道水事情 - 日本の水道水は超優秀 ・海外旅行のキャンセル料 - 本当に分かりにくいシステムです ・日本から近い海外旅行先 - グアムとかいいですよね ・ジェスチャーは大事だよ - いつの時代も海外旅行の最強ツールかも? ・サングラスの必要性 - 海外旅行先での日差しや紫外線対策に ・スマホがあれば海外旅行中も捗ります - 普段の便利さをそのままに海外でも満喫しましょう ・LINEは日本国外でも使用OK - LINEユーザー同士なら海外旅行先からでも普段と同様に使えちゃいます

TOPページへ