海外旅行の準備 カップラーメンについて

     初めての海外旅行TOP > 海外旅行中のカップラーメン準備について

スポンサード リンク

海外旅行では食事は二の次であまりお金は掛けたくないとか、たまにはレストランでは無く慣れ親しんだカップラーメンを食べたいとか、朝は集合時間まで時間がないからパパッと済ませたいとかでカップラーメンをかけ込むなんて方は結構いるのではないでしょうか?

それ位に日本人にとってカップメン・インスタントラーメンはお気軽な国民食のポジションに現在上りつめてる訳ですが、私も海外旅行中に必ず何食かはカップラーメンを楽しんでます。(バックパックを背負って長期で旅してる時は節約メインで嫌々食べてる時もありましたが、今は海外特有のカップめんを楽しんで食してます) しかし残念な事に普段日本で売られてるカップラーメンがどれも美味しすぎて海外で売られてるインスタントヌードル・インスタントラーメンは正直言って味や食管で見劣りするのが殆どです。

でも興味本位で色々チョイスして食べてしまうという不思議さが我ながら面白かったりもするんですけどね。例えばファンも多いであろう日清のカップヌードルだって海外版はパッケージは似てても味は違いますし出前一丁とかも違います。逆輸入(?)で日本食を扱ってるスーパーとかのは勿論味とか全てにおいて一緒なんですが何で食感や味に差がでてくるのか不思議でたまりません。(日本で売られてるのと同じのは値段も高いので美味しくてもワザワザ買ってまで食べませんけど・・・)

あと意外に馬鹿にしてはならないのがお菓子なんかと同様に韓国製品のカップラーメンでしょうか。日本でも農心の辛ラーメンとかはメジャーですけど海外のインスタントラーメン・カップメン売り場では結構どこ行っても幅を利かせてます。しかも値段もリーズナブルだし種類も豊富でスパイシー好きにはGOODな環境だったりします。全てが辛いわけではないですが総じて辛いです。

また中国製品のカップラーメンも安くて豊富な種類がでまわってますがカップめんのレベル的には合格に達するのは稀というか殆ど経験上お目にかかってません。ただ中国カップめんのトップブランドであるだろう「康師傳」のインスタントヌードルは個人的には大好きです。味とか大した事ないのが大半ですが稀にヒットする商品に当たる場合もあります。ただ中国大陸を長期で旅してた時にお世話になりすぎて若干思い出補正がかかって自分の中で美化されてる感は否めませんが海外旅行先で見かけたら是非とも食べてもらいたいブランドではあります。

それから異国の地である海外での袋タイプのインスタントヌードル・インスタントラーメンは国や地域によって食べ方が変わってて面白いんですが代表的なものだとカップめんじゃないのに丼に麺を入れて上からお湯を注ぐといった方式が主流の場合が多々あります。日本では袋タイプだと鍋で煮るのが当たり前ですから変な感じです。当然しっかり煮込まれてないしお湯は速攻で温くなるしでカップラーメン作った時の失敗版みたいな食感で複雑な気分でした。

またメキシコを旅行するとマルちゃんの人気のありすぎさに困惑します。どうやらメキシコではマルちゃんのカップめんやインスタントラーメンが国民食と呼んでも大丈夫なくらいに大人気らしいです。最初にソレを知ったときは腹を抱えて笑ってしまいました。 また気をつけたい事としてはカップラーメンを作るに際してはミネラルウォーターを沸騰させたものを使用するという事です。恐らく水道水を火にかけて沸騰したものでも大丈夫あんでしょうが水道水に関しては飲まないのが鉄則ですから私的には毎度ミネラルウォーターを大量に消費してしまいますがお構い無しです。こんな所でケチってお腹壊したり下痢になっては貴重な海外旅行の時間を無駄に消費してしまいますので注意しましょう。(昔は水道水でも気にせず沸かして使ってましたので経験上大丈夫と思ってても万全を期してという事です)



TOPへ         サイトマップ 2 3 4   タグ一覧