海外旅行先でのトイレ事情にエトセトラ

     初めての海外旅行TOP > 海外旅行先でのトイレ事情いろいろ

スポンサード リンク

海外旅行に限らず日本でも外出中にトイレを探して困った経験というのが誰しもあるかとは思いますが最近ではコンビニなんかでもトイレのみの利用もウエルカムだったりしますし公衆トイレやパチンコ屋にデパートやショッピングセンター・ファーストフード店など人が集まる場所には意外とトイレの設備が充実していてウォッシュレットなど大変助かります。

それでは海外旅行先の国々での外出中のトイレの利用に関してはどんな感じなのでしょうか?もうそれは各国や地域によって千差万別・多種多様なのですが少し日本と異なる状況というのも海外のトイレ事情的にチラホラあったりします。(増してや日本の外出先でのトイレ環境は天国なんだと痛感させられます。)

まずは日本のトイレでは考えられませんが小額ですが有料のケースです。例えばデパートやショッピングセンターの中に設置されてるトイレでも有料のケースは多々あります。トイレの料金を渡す専用の人がいたり、トレーとか募金箱のような物がおいてあったりヨーロッパだとコイン式とかですかね。じゃあ全部が有料かというとそうじゃないんで困ったものです。お釣りもくれる場合もありますが、できるなら小額のコインをトイレ用にキープしとく位の気持ちが大事です。

それからインドやタイなどの東南アジアとかではトイレットペーパーでは無くホースから水がでてきたりする設備があるので直接お尻にかけて洗ったり、手桶と水の溜まった容器(水瓶!?)があって手で直接お尻を洗ったりとかというパターンもあります。(最初は抵抗ありますが慣れると結構病み付きです)洗った後の濡れたお尻は現地の人はほったらかしで自然乾燥みたいですが、ちょいちょいとティッシュなんかで拭くといいかと思います。たまに綺麗な西洋人バックパッカーなんかがズボンのお尻の部分が濡れたままでいたりするとあまりのギャップに笑いが込み上げてきちゃいます。

またトイレットペーパーの流し方でも日本とは違ってたりします。日本は水洗事情が良いですから昨今は紙詰まりとかあまり考えませんが海外旅行先が発展途上国だとトイレットペーパーを流しちゃダメで併設されてる汚物入れに捨てなければならない場合も多々あったりします。知らない外国人などの旅行者は結構トイレを紙詰まりさせて壊してしまったという経験が多いようです。道徳的に最悪としても知らん振りでごまかせればいいですが、万が一トイレの修理・弁償となると大変なので海外のトイレでは水洗の形状をしていてもトイレットペーパーを流してはならないトイレがあると頭の片隅にでも置いておいて下さい。

後は公衆トイレ自体が海外では設置が少ないので、用を足せる時には極力済ませる努力をするとか滞在先のホテルから出るときは念のためトイレは大も小も無理矢理済ませておくなど対策をしておく方がいいかもしれません。また、トイレットペーパーだって完備されてる物とは考えずポケットティッシュだったり芯を抜き取ったトイレットロールだったりウェットティッシュだったりと常に用意を心掛ける位の用心もあった方がいいかもしれませんね。

個人的には郷に入れば郷に従えを海外旅行では極力実践してますがトイレの有料というのには未だに勿体無くて馴染めません。本当にトイレが無料だしウォッシュレットなんかもバンバン完備された日本て凄いし有り難いなって思えて仕方がありません♪



トップページ        サイトマップ 2 3 4   タグ一覧