海外旅行先は世界遺産から決めよう!!の手法

     初めての海外旅行TOP > 海外旅行の目的地は世界遺産を利用して

スポンサード リンク

初めての海外旅行のプランを考える際に何処へトリップするかの候補を選択するのに困る人も中にはいるかもしれません。大概は昔からココに行きたかったとか、子供の頃にTVで見てとか一度はハワイになど目的地が決まってるパターンのほうが多いかと思いますが漠然と海外旅行してみよう!!と思った方がいたって決しておかしくはありません。

そこで海外旅行先を選択する判断の一つに世界遺産を押して見たいと思います。 世界遺産という言葉は誰しも何回かは聞いたことがあるかと思いますし、なんだか凄そうだな位の感覚はあるのではないでしょうか?実際に世界遺産の殆どが来て見て納得みたいにワザワザ見に行って後悔させないスケール=凄さを持っています。(中には?コレで世界遺産なの?というのもありますけどね)凄さの中には美しいとか壮大とか神秘とか色々な要素を単独だったり複数だったりで兼ね備えてる感じです。

では世界遺産とは何なのでしょうか?

世界遺産とは、1972年のユネスコで開催された総会で採択された「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」(世界遺産条約)に基づいて、 登録された人類が共有すべき普遍的な価値をもつ遺跡や景観、自然などのものを言うらしいです。国家や民族の枠を超えて世界中で保存し守る価値のある文化・自然遺産といった所でしょうか。この世界遺産には有名どころでは中国の万里の長城・エジプトはピラミッド・カンボジアのアンコールワットやオーストラリアのエアーズロックやグレートバリアリーフ・アメリカのグランドキャニオンなんかをイメージすれば分かりやすいかもしれません。もちろん日本にだって世界遺産は存在します。姫路城とか厳島神社や日光東照宮とかですね。どれも見て損は無い世界遺産の一つです。

更にそういった中での分類として文化遺産、自然遺産、複合遺産、危機遺産なんかがあるみたいです。そんなこんなで世界遺産の詳細や詳しいことはネットで検索すればより理解は深まると思いますので置いといて海外旅行先としての目的国や地域を選ぶ際の利用の仕方としてのアイディアを書いてみたいと思います。

まずはネットでも書籍でも何でもいいので世界遺産関連で検索したり購入します。すると大概は世界遺産の種類や地域別に分類されてるので適当に写真や画像をザーっと見てみて5~10位の各種世界遺産をピックアップします。(できるだけ文章や他人の感想は無視の方向で・・・先入観より直感が大事です)でもって候補に上がったものが見れる国を整理してみてそれぞれで海外旅行のパッケージツアーを見ながら必要な旅行日数や予算などと比較検討しながら海外旅行先を絞っていくという方法が私的には好ましいのではないかと思います。

万が一アフリカとか南米・ヨーロッパなどに偏って旅行日数や予算的に厳しい場合は再度候補をピックアップするか地域として東南アジアやアジア周辺をメインで探してみると大概は予算・必要日数ともに収まるかと思います。中国・ベトナム・タイ・カンボジア・韓国・マカオ・マレーシアでも世界遺産はたくさん点在しており素晴らしい文化遺産・自然遺産ともに目にすることが可能です。

ちなみにこの海外旅行先は世界遺産から決めよう!!の手法を用いた場合には動画サイトなどで該当の世界遺産候補地を見るのは極力避けましょう!!ダウンロード・再生・閲覧などで世界遺産を疑似体験してしまうと実際に現地で世界遺産を見た際に感動が半減してしまうので勿体無いです。ハズレを引きたくない、見る価値はあるのか、本当に世界遺産に値するのかなど動画サイトを参考にする理由は様々かとは思いますが、その予防線としての動画サイトは旅の醍醐味の多くを奪ってしまう事に他なりません。

当たりもハズレも、価値が有るか無いかも実際に見て体感して自分自身で決めるのがセオリーではないのかと私的には考えます。実物を見て想像よりショボくてガッカリするのも、それはそれで旅の思い出として大いに有りなのではないでしょうか?(最近では動画投稿サイトに数多くの旅行記的な動画がアップロードされてるので参考にしたいのは理解できますが、あくまでも私的見解ですが世界遺産に限らずメジャー・僻地・秘境問わず全ての海外旅行地域に対しての意見でもあります。写真・画像・ブログや書籍などの文章なら想像力も必要ですが動画はね・・・なんだか見たものそのままでそれが全てか大半を描写してますからね・・・)

まあ大したアイデアでは無いかもしれませんが漠然と海外旅行に出かけたくなった時に海外旅行先を選ぶ一つの手段として活用していただけたら幸いです。



TOPページヘ