海外でも国内でも耳にするLCC(ローコストキャリア)とは?

     初めての海外旅行TOP > 海外旅行でLCCの利用は?

スポンサード リンク

今回は初めての海外旅行に際してLCCを利用する選択肢はアリなのかどうかについて書く前にLCC(ローコストキャリア)とは何なのかについて述べてみたいと思います。最近ではテレビのニュースや雑誌に新聞なんかでも目や耳にする機会の多いピーチやジェットスター・エアアジアとかLCCなんかのキーワードですが一体どういった物なのでしょうか?なんかお得な気がするとか安く海外旅行へ行けそうな気がするとかのイメージは漠然と掴めそうですが私的な感覚でLCCについて説明したいと思います。ちなみに私は海外旅行で2回程LCCを利用した事があるのですが、日本でもベッキーとかが出てるTVCMでお馴染みのジェットスターやマレーシアに強いエアアジアを利用しました。

それじゃあ一体LCCとは何なのかですが、ローコストキャリア(Low Cost Carrier)の略称となります。超効率的な経営により低価格をとっても重視した価格設定の航空運賃でサービスを提供する航空会社をいうようです。

アメリカでの航空自由化をきっかけとして登場し世界的に航空業界の規制緩和が進行する中で多く誕生してきたようで、代表的なLCC(ローコストキャリア)には、アメリカのサウスウエスト航空、イギリスのイージージェット、マレーシアのエアアジアなんかがあって、既存の大手航空会社がLCC事業に参入するケースもあるそうです。(ピーチだってANAも出資してたりします)

世界的にシェアを伸ばし急成長したLCCがある一方で、事業停止や経営破綻になった航空会社も多かったりします。 LCC(ローコストキャリア)は、独自の経営・事業戦略で、既存の大手航空会社と競争を繰り広げているようですが、充実した航空ネットワークや多種多様で過剰なサービスを争ってきた従来の航空会社とは異なるビジネスモデルを構築採用し特定区間に絞り込んだ航空路線の設定や使用機体の統合・統一、大都市周辺の空港や使用料の割安なLCC専用ターミナルの利用、機内食などのサービスの廃止・簡素化(別に美味しくないけど機内食ファンの旅行者には厳しいですね)有料化、インターネットなどを利用し中間マージンを省いた航空券の直接販売方法、契約社員の活用などにより人件費などのコスト削減を図り従来の規格に囚われない格安な航空運賃を可能にしたみたいです。(個人的にはアルコールの有料化は痛いですね・・・先日LCCではないですがデルタに乗ったらビールが有料で日本円で600円もしてました)

以上が私的に漠然とした解釈による今話題のピーチなどLCC(ローコストキャリア)のザックリとした説明になります。もしかしたらLCCの解釈として間違ってる点とかあるかもしれませんのでLCCに興味のある方はググルなり各LCCに問い合わせるなりで対処の方をお願いいたします。しかし海外旅行慣れして自分の旅行スタイルや旅の目的なんかもシッカリ確立できるレベルまでいけばLCCは本当に強い味方となりますのでアシカラズ。



TOPへ         サイトマップ 2 3 4   タグ一覧