海外旅行減少理由を考える

     初めての海外旅行TOP > 海外旅行減少理由を考える 海外旅行の準備etc

スポンサード リンク

今回は海外旅行をする人が減少している理由を私的に考えてみたいと思います。今現在巷では超円高であるにも関わらず海外旅行人口は減少傾向に歯止めが掛からず、若い世代の海外旅行離れは深刻みたいにあおってますから気になった次第ですが本当にそうなんでしょうか?

答えは「Yes」で間違いないでしょう。海外旅行がライフワークというか趣味の一環になってる身としては非常に悲しく厳しいですけど海外旅行をする人が減少の一途を辿ってるのは紛れも無い事実だと思います。現に周りの若い世代の子たちを見てても海外旅行へ行ってる子は少なく感じます。下手すると新婚旅行で海外に行かないなんて子もいたりしました。

でもって冒頭にもあるように海外旅行者の減少理由を漠然と考えるのですが何気なしに頭に浮かんだのは、不景気・燃油サーチャージ・趣味の多様性・ネット環境の発達辺りでしょうか。なんだか理由の候補あげてみたら海外旅行へ行く若年層が減っていて減少傾向がノンストップなのは当然だななんて正直思ってしまいました・・・。

①長引く不景気・・・やはり海外旅行減少の要因として大きいですね。お金という先立つものが無いと海外旅行はお金がかかりますから・・・。生活していくお金プラスαがあって貯蓄もできないと海外旅行にお金が回せないのかもしれません。昔の若い世代は貯蓄なんて真剣に考えてなかったけど今の子たちは物心ついてからずっと世の中が不景気なので金銭的な面ではシッカリしてるのかな?現に貯金や貯蓄に対しては保守的だなんてアンケート結果が某雑誌で見かけました・・・。

②燃油サーチャージ・・・これも海外旅行減少の大きな理由に間違いない気がします。原油調達コストがあがってるんで仕方ないですが、海外旅行費用に占める割合は結構でかいです。しかもツアー代金が安くて割安なプランになる程に燃油サーチャージの占める割合がでかすぎて燃油サーチャージは仕方が無いと頭の中で理解できていても感覚として納得できない部分が大きいです。 結局は円高で海外旅行は得だとあおっても昔より海外旅行代金が最終的には高くなっているケースは多いです。あと航空会社が取りすぎなじゃないかと思わせる位不明瞭なのも問題です。ツアー代金が¥19800とかなのに燃油がプラス¥30000とか¥50000とかだと複雑な心境です。

③趣味の多様性・・・人間誰でも体一つでできる事には限界がありますから趣味が多様化すれば海外旅行の優先順位が低くなり必然的に海外旅行に行く人は減少してしまっているのかもしれません。やはり海外旅行減少理由の一つに成り得るのではないでしょうか?他にも若者の車やバイク離れなんてのも言われてますが一緒ですね。

④ネット環境の発達・・・実はこれの影響が一番でかいかも?昔と違って思い立ったら即検索で膨大な海外旅行関連の情報が得られるようになりました。海外旅行先でのリアルタイムな動画や画像に旅行記と計り知れない情報ソースが溢れ返っています。でそれを検索して海外旅行の情報収集してるうちに海外旅行を満喫したと錯覚してしまう状態に・・・なってしまっていても不思議ではありません。また海外旅行へ行く前に海外旅行先を知りすぎてしまって実際に訪れると感動やカルチャーショックが昔に比べて少なく2回、3回と海外旅行へ行こうと思う気にさせる程の原動力を得ることができない。なんだか悲しいですが現実は厳しいですね。便利な面もありますが少し可哀想な気もします。どっちにしても海外旅行減少理由に十分値するのではないでしょうか?

何点か私的に思いつく海外旅行減少理由をあげてみましたがいかがでしょうか?全部とは言いませんがいくつかなら共感してくれる方もいるんじゃないでしょうか?なんだか若い世代よりの海外旅行減少理由の推測になってしまいましたが、いろんな事を体験して吸収して見識を広める為にも海外旅行へ行ってもらいたいものです。(海外旅行が全てではありませんが効果は高いのではないでしょうか)私的には海外旅行はお金や時間を多く消費しますが得られるものは大きいですからイイ意味でのカルチャーショックを教授する為にもせめて20代前半までには一度は初めての海外旅行にトライして欲しいですね。



TOPページヘ