海外旅行先での充電について注意する事

     初めての海外旅行TOP > 海外旅行先での充電について注意する事

スポンサード リンク

 今回は現代の海外旅行中に避けては通れないであろう電子機器の充電関連についてです。最近では殆どの方がデジタルカメラやデジタルビデオ、スマートフォン、パソコン、携帯電話、MP3プレーヤー、ドライヤーなど何かしらの電子機器を海外旅行に持参してるかと思いますので充電関連の知識は非常に大事ですし注意が必要です。当然の事ですが便利な電子アイテムだって充電が切れてしまえばたたのガラクタに過ぎませんしデジカメやスマートフォンなんかが使えないと海外旅行の思い出だって写真や動画として残せず後悔しきりですので結構重要な課題だったりします。

海外旅行中に大事な充電の知識について

 とはいえ、そんなに難しい事では無く最低限の充電に関する知識と充電アイテム・充電グッズさえ旅先に忘れなければ楽々クリアできる問題なので軽く流し読みしてもらえればOKかと思います。海外旅行先で充電に関して重要なのは電圧とコンセントプラグについての2点になりますので順を追っての説明となります。1度でも海外旅行を経験してる方なら当たり前の事だったりしますが初めての海外旅行の方は一読の価値アリ(!?)です。また電気の知識があれば当然の事なのですが意外にそこら辺に疎い方も結構いるんでご勘弁下さい。

 まずは電圧についてですが日本の家庭用での電圧は通常100Vというのはご存知でしょうか?例えば充電アダプタの裏なんかを見てもらえれば入力AC(INPUT)100Vとか100-240Vなんていう表記があるかと思うのですがコレが100-240Vというような表示がされてれば海外旅行先で充電アダプタとして使用して問題無しですが単に100Vみたいに表示されてるケースでは使ってはいけません。 もし100V表記の充電アダプタを使用した場合にはどうなるの?という疑問があるかとは思いますが結論は簡単です・・・万が一変圧器を使わなかったら壊れてしまいます・・・例えばドライヤーなら火を噴いて一瞬で使用不可みたいな感じです。 詳しくは「海外旅行と電圧」のページにて解説していますのでご覧下さい。

 日本と海外ではコンセントまで流れてきてる電流の電圧が異なってきますので上記のような状況になるのですが大事なスマートフォン・パソコン・デジタルカメラ・デジタルビデオなどなどそんなくだらない理由で壊してしまっては悲しすぎるのでよく覚えて置いてください。 しかしパソコン・デジタルカメラ・デジタルビデオなんかは元から付属している充電器なら世界対応で通常は100-240VでOKのタイプですから心配はいりません。(ただ絶対では無いかもしれませんので注意は必要です。)

 怖いのは携帯電話・スマートフォン・ドライヤーなんかは盲点で100Vまでしか対応してない充電器のケースも間々あるので十二分に気をつけましょう!! これは意外に重要でコンセントに差し込んでUSBからの充電を可能にしてくれるアダプタの中には100Vまでの対応品が結構あるんでコンセントに差し込んで充電はじめたらボンっ!!なんて事も有り得るので要確認で注意しましょう。

 そして次にコンセントプラグですがコレも日本と世界では形状が異なるケースが多々あります。コンセントの差込の雄と雌・凸凹が合わなければ当然充電不可ですので充電器の電圧問題同様に訪れる海外旅行先によっては準備が必要です。こちらも詳しくは別ページにて説明ありますのでごらん頂ければと思います。日本ですと通常は縦長の穴が平行に2つ並んでますが外国ですとハの字だったり丸や穴が3つだったりとコンセントの穴の形状は様々ですので注意が必要です。

 また滞在先のホテルなんかで借りればいいとか思ってる方もいるかもしれませんが絶対にある保証はありませんので自ら事前準備するように心掛ける事をおすすめします。家電量販店などに行けば海外旅行用品コーナーなんかあって変換コンセントプラグなるものが売られてますので高い金額でもないので購入し準備しておきましょう。

 電圧とコンセントの穴の事なんて通常日本で生活してる分には気にも留めませんが国が変われば事情も様々で充電事情も色々なのでこれを機にガイドブックでもサラッと読んで自分に必要がありそうなら対応製品の準備なんなりをして海外旅行が有意義に楽しめるようにして下さい。私はマルチタイプで万能型というかどんなタイプのコンセントにでもあう形状も備えたマルチ変換コンセントプラグを毎回の海外旅行に持参してます。



TOPページ         サイトマップ 2 3 4   タグ一覧