海外旅行にとって超大事なパスポートにプリクラ貼るなんて・・・

     初めての海外旅行TOP > 海外旅行にとって超大事なパスポートにプリクラ貼るなんて・・・

スポンサード リンク

 なんだか最近ネット見てたらパスポートプリクラ貼ったりESTAの申請番号をメモ代わりに書き込んだりとかしてる旅行者の方が多いそうで外務省のツイートで注意喚起されてました。それ見た瞬間正直驚いてしまったんですが、パスポートなめすぎ!!と思わずパソコンの画面に突っ込んじゃいました・・・。パスポートにそんな事しちゃったら出国にしろ入国にしろイミグレの係官の気分次第で出国拒否や入国拒否されちゃっても全然おかしくないのに冗談にしちゃリスクありすぎです。(まあそんなプリクラ貼り付けたりメモ書き込んじゃう人はそんな意識は微塵も無いんでしょうけど)

パスポートにプリクラやメモなんて絶対に止めましょう!!

 でも外務省がやわらかツイートとかで呼びかけるなんてパスポートの空きページにそんな風な事しちゃってる人が結構いるってことなんでしょうね。まあ備考欄のページみたいのがあるんでそこにプリクラやシールを貼ったりメモしたりなら分からなくもないんですが査証欄のページ(ビザのシール貼ったり入国や出国でハンコ押されるとこ)に直接実践しちゃってるからこそのツイートでの注意喚起なんでしょうけど・・・本当に面白いやら馬鹿っぽいやら情けないやら他人事ながら同じ日本人として複雑です。

 まあ笑い事で済んでるならネタ的にもOKですが高いお金払って海外旅行しに行ったのに入国審査で門前払いの強制送還じゃシャレになりませんし、出国の際に拒否されてハンコがイミグレで押されなくたって当日キャンセルで海外旅行ツアー代金は100%戻ってきませんし何も良い事なんてありませんから、プリクラ貼るだのメモを書き込むだのは絶対に止めましょう!!当サイト初めての海外旅行マニュアルにもパスポートに関連するページはいくつもありますがパスポートは凄い重要なアイテムだし日本国籍のパスポートは他の国に比べてもよっぽど価値があるのが現実ですから興味があるなら読んでみてパスポートへの認識を高めてもらえればと思います。

 以下にツイートの内容を抜粋してみますので念の為に一読を推奨します。

  *パスポートの空きページをメモ代わりにしないでください。所定のページ以外の書込みはビザ申請時トラブル、外国での入国拒否、日本から出国できなくなるなどの原因に。最近は米国渡航のためのESTAの申請番号を書く、プリクラを貼るなどの例も。

 *パスポートに子供さんが落書きをしてしまい外国で入国が拒否された例があります。所持人が記載できるページは所持人記入欄(裏表紙)だけ。3ページ以下の数字と「渡航先」「追記」「査証」印刷されてあるページは旅券事務所や各国が使用するものです。

  上記にもあるようにパスポートに落書きがあって実際に入国を拒否された事例がある位ですから仮にそれが運悪く何万人に一人の確立だとしてもリスクとしては案外高いですからパスポートは海外での重要な身分証明も兼ねてますし常に慎重に管理する事が求められます。そういった上でもプリクラやメモに限らず余計な事をする必要はありませんので覚えておきましょう。一番大事なのは無事に帰国するまで盗難やスリに紛失などのトラブルにならないように注意するという事ですので念の為。



TOPページへ         サイトマップ 2 3 4   TAG一覧