海外旅行先で万が一パスポートを紛失したら

     初めての海外旅行TOP > 海外旅行先で万が一パスポートを紛失したら

スポンサード リンク

 海外旅行先で万が一パスポート紛失したり盗難に遭って無くなってしまった場合どうしたらいいのかと不安や心配に思っている方もいるかと思います。特に初めての海外旅行なんかだとパニックに陥って大変な事態になるかもしれません。(若しくは逆にパスポートの重要性を理解してなくて帰国時に気付くパターンもかも?)別に海外旅行に関してビギナーとかでなくて詳しかったとしてもパスポートを紛失したり盗られたりとかって通常は経験としてありませんから同様に大変困ったことになってしまいます。

 しかしパスポートは海外旅行において重要かつ旅の生命線の一つだったりしますので紛失・盗難などのトラブルに見舞われた際には落ち着いて行動できるように準備しておいて損はありません。というより覚えておいた方が賢明です。なんせパスポートは海外で自分を証明する身分証というだけでなく紛失したりして無くなると出国ができませんから・・・。簡単な流れだけでも掴んでいれば大分違うと思うの参考程度に読んでみて下さい。 (まあガイドブックや海外旅行雑誌の後ろの方に大概載ってますけどね)

海外旅行先でのパスポート再発行までの流れ

 万が一パスポートを紛失してしまったら・・・(落としたり盗られたり)

 ・まずは警察で紛失の証明書の類または消防署で罹災した証明書の類を貰います。もし貰えない場合は在外の日本大使館とか領事館などに相談して下さい。

 でもって以下の書類を大使館の窓口に提出します。

 ・写真・身分証明(免許証みたいに顔写真あるものかな?)・紛失一般旅券等届出書(大使館に置いてあります)これらは共通の提出書類となります。

 上記の提出書類に下記の書類(A又はB)を加えます。

 A渡航証明・一時帰国証明・渡航書の発給(帰国のみの目的・帰国を急ぐ時)*正式名称? ・渡航書発給申請書・戸籍謄本か戸籍抄本(運転免許証など日本国籍が確認できるもの・外国でのスケジュールが確認できるもの(飛行機のチケットやツアー日程表・旅程表など)・写真

 B 新しいパスポートの申請(新規発給) ・ 一般旅券発給申請書・戸籍謄本か戸籍抄本(運転免許証など日本国籍が確認できるもの・写真(大使館にICパスポート作成機がない場合は、申請書や写真が余計にいるかもしれません)

 一応こんな感じの流れと準備して提出する書類の解説になります。通常の海外旅行で申し込むツアーなんかだと短期間でしょうからAの渡航証明・一時帰国証明・渡航書の発給を選択する事になるかと思います。

 またパスポートを日本で準備する時にパスポートのコピーを何枚かとって分散して準備するといいかと思います。渡航書にしろ新しいパスポートの再発行にしろスムーズに事が運びます。

 それから補足としましてパスポートの盗難に関しては海外旅行保険の携行品損害の補償が適用される場合もありますので念の為に確認をした方がいいでしょう。発給手数料や最寄りの在外公館まで行くのに要した交通費、延泊した場合はホテルの宿泊費などで、限度額は 5万円までだったかな?が戻ってくる可能性があります。パスポートの紛失・盗難とは直接関係ありませんが航空券や乗車券なども携行品損害補償の対象になっており、これらも5万円を上限として戻ってくる可能性があったかと思います。(詳細は海外旅行保険の約款とか御自身でよく見て確認してください)

 *念の為ガイドブックなり外務省のwebサイトなりでパスポートを海外で紛失した場合の再発行までの流れなんかの項目を確認して下さい。パスポート紛失時の再発行等においては自己責任にてお願いいたします。



TOPページへ         サイトマップ 2 3 4   TAG一覧