LCCが1円の格安航空券をキャンペーンで販売したのに?

     初めての海外旅行TOP > LCCキャンペーン 1円格安航空券

スポンサード リンク

 先日ネットでLCC(ローコストキャリア)であるジェットスター・ジャパンの国内線キャンペーンで片道1円の格安航空券1万枚が全て完売せず前代未聞の出来事であるというのを目にしました。 4月17日お昼12時から14時まで2時間限定で、9月5日~12月4日搭乗分の合計1万席を片道1円で売り出したみたいでジェットスター・ジャパンのWEBサイトにはたった2時間の短時間にも係わらず約13万件ものアクセスがあったようです。なのに完売ならずで同様のキャンペーンはジェットスターのホームであるオーストラリアでもこれまでに実施されているが、売れ残るというのは考えられないとか何とか・・・。

日本人は安さだけを求めてないのか?それとも他に理由があるのか?

 う~ん、これってどうなんですかね?ただ単にLCC自体がメジャーでなかったりキャンペーン告知がネットに拘り過ぎたとかが要因なのかなって私的には思いますけど、ツイッターとかフェイスブックなどSNSで費用を掛けずに宣伝よりも最初は旧媒体であるTVや新聞を使って大々的にやれば反響だって違ってきそうな物ですがね。まあ問題はそんなに簡単な事ではないのかもしれませんが・・・。

 実際にはSNS人口って累計何万人突破とか煽ってるけど一人で複数アカウント持ってたり休眠多数とかで信憑性は胡散臭いですしね。(あくまでも個人的に思ってるだけですけど) 後は国民性とかも関係しそうかなって思います。安ければ何でもOKみたいに浅はかな考えで飛びつかないのが日本人の特徴みたいなとこあるんで安かろう=悪かろうで脳内変換されて興味はあるけど購入まではいかないとか、たかが1円なのに予定を確認したりキャンセルしたらどうなるのかとかモジモジしてる間に2時間が経ってしまったなども1円の激安航空券が売れ残るというオーストラリアなど諸外国じゃ考えられない結果となったのではないでしょうか?

 ある意味モラル的な観点からいけば後者に関しては日本人として誇れる部分ではないかと思います。だって、とりあえずキープしとけ、どうせ1円とキャンセル手数料何百円しか取られないし、人に激安・格安航空券を買われるんだったらとかの悪い方向に皆の考え方がいってない訳ですから。 ただこういったLCCの激安・格安キャンペーンもその内に実を結び周知されていけば、この不景気の中仕事や里帰りでLCCを利用する人はドンドン増えていくと思うのでLCC各社には気長に少しずつでもいいので定期的にこういったキャンペーンを行って欲しいものです。

 ただ先日の長距離高速バス・夜行バスのようにコスト削減ばかりが先行して安全が疎かになるのでは本末転倒なので程々な価格競争を維持しつつ国内線利用者の増加に一役買ってくれればと思う次第です。(程々な価格競争というのは難しいのは百も承知ですが、どうしても過度なコスト削減になりがちなので・・・)

 まあLCC元年といえる今年ですが書店に行くとLCC関連の書籍やLCCをテーマにした雑誌など多々出版されてますがイマイチ世間に浸透せずなきがしてなりません。自分が飛行機で国内線を最近利用してないので感覚がずれてる可能性もありますがエアアジア・ジャパン、ピーチ、ジェットスター・ジャパン、スカイマーク、スターフライヤー、ソラシドエアなど国内LCC各社にいい意味で凌ぎを削って頑張って欲しいものです。あわよくばコレが刺激となり鉄道関連、特に新幹線の滅茶苦茶なボッタクリの値段設定を変更せざるおえないような状況になってもらいたいというのが私的願望だったりします。(LCCがメジャーになりすぎると戦々恐々な業界や会社も多々あるでしょうから、そんな状況になるのは厳しいし時間が掛かるのかもしれません・・・それまでに海外資本や大手国内資本が撤退しない事を願います)

 何にしても次回各LCCで似たような1円格安航空券などの激安、格安なプランがキャンペーンプライスで発売されれば今回の件で少しは知名度もあがりマーケティングの手法に改善も加えてくるでしょうし売れ残りなんて無くなって発売と同時にWEBサイトにアクセスして迷わず購入や申し込みのクリックをしないと買えないなんていう状況になってるかもしれませんね。よく考えたらネットで電化製品の特売やクーポンの類は発売同時に瞬殺ですからんね・・・余裕ぶっこいてると買えませんもん・・・。



TOPページヘ