海外旅行とアベノミクスについて考えてみる

     初めての海外旅行TOP > 海外旅行とアベノミクスについて考えてみる

スポンサード リンク

 海外旅行アベノミクスの関係で真っ先に思い浮かぶのは出国する際に大概の旅行者の方は日本円を現地通貨であるUSドルやユーロ、タイバーツ、中国元、韓国ウォンなんかに両替するでしょうから円高とか円安とかで影響のある為替レートがいくらか?なんて感じの方が多いのではないでしょうか?実際に数年前は1USドル=70円台なんてのも少しの期間ありましたから今現在の120円台とかってのは超円安なんで年に何回か海外旅行を定期的にしてる方だと「えーっ!?」っていう感じを受けてる人も多いと思います。

アベノミクスは海外旅行にとっては悪影響!?

 私的にも最近海外旅行をすると為替レートの変動が激しすぎて正直日本円を現地通貨へ両替した際の目減り感が半端じゃないです。 海外旅行すれば節約しすぎても面白くないですしツイツイお財布の紐も緩みがちですが滞在中の食費やオプショナルツアーや観光費用、帰国時のお土産など殆ど全てに於いて割高になってしまいますし、まして高額なブランド品などを購入するとなると結構な額で損した気分になってしまいます。日本での生活では物価高に消費税のアップ、海外旅行では円安でダメージと・・・アベノミクスは海外旅行愛好家には何一つ良い影響は無さそうな感じです。メリットは無くデメリット全開で、よっぽど株で儲けたと外貨預金で儲けた、FXで円安の波に乗れたとか、大企業に勤めててお給料がアップしたとかボーナスアップしたとかじゃないと本当に穴埋めできる感じじゃありません。

 まあ海外旅行なんて贅沢品みたいなものですから日本全体の未来や景気を考えたら小さな事なんで急激な円安も仕方が無いのでしょうが・・・なんだかなって感じです。私たちみたいな小市民にはアベノミクスの恩恵はあまり(というか殆ど)感じられませんし結局趣味の海外旅行ではデメリットだらけなんで私的にはアベノミクスのやり方は大嫌いです。ただ実際に海外旅行者の数は円安からの割高感や消費税増の影響からか減少傾向となんかのニュースでも取り上げられてましたし庶民の感覚としては、あながち間違ってはないのでしょう。

 それに気のせいか世間は景気がアベノミクスのおかげで良くなったとかマスコミが囃し立ててますが旅行業界も安易に便乗して海外旅行ツアー代金も気持ち値上がり傾向な気もしてます。単に気のせいかもしれませんが、趣味が海外旅行なだけあって結構な頻度で各社ツアー代金を気になってお買い得が出てこないかチェックしてますが「う~ん・・・」以前に比べて割高で高いな~なんて感じます。まあ世界の景気の影響や中国人旅行者が世界中で増えてホテル代や諸々が高くなってたりと色々な事情はあるのでアベノミクスだけのせいとは一概には言えませんけどね。

 ただアベノミクスによる円安で欧米人もアジア人も大量に日本へ旅行しにきてるのは間違いないです。ドル高・元高・ユーロ高ということは少し前の日本で言うとこの円高ですから当然の結果ではあるんですけどね。秋葉原とか富士山、京都など日本全国の観光地としての有名所へ出かけると目に見えて増加してます。結局はアベノミクスでメリットがある点もあればデメリットを受ける面もあり偶々海外旅行に関しては円安なんかで分かり易い形でダメージを受けてるといった感じなのでしょう。 とはいえ個人的には円安は痛いですがそんなことばかり気にしてても仕方が無いですし最近だと原油安で燃油サーチャージが値下げとか良いニュースもチラホラありますし、相も変わらず趣味である海外旅行は満喫していこうなんて思ってるんですけどね・・・。私は海外へ出たらあまり為替レートは気にするながモットーで旅してますし・・・。そもそも1回の海外旅行でウン百万円とか浪費もできませんしね。

 今回はそんな私でもアベノミクスのせいで海外旅行好きな方はあまりいい思いしてないだろうなって思いもあり少々愚痴っぽくなってしまいましたが海外旅行とアベノミクスについて素人ながら考えてみた次第です。



TOPページヘ