海外旅行に薬の準備は必要か?

     初めての海外旅行TOP > 海外旅行に薬の準備は必要か?

スポンサード リンク

 海外旅行というとどうしても色々な事が気になりや病気の類に関しても心配や不安があるかと思います。まず日本から市販薬の風邪薬や下痢止め、痛み止めなんかを持参するかどうかが一番最初に気になるのは誰しも同様です。備えあれば憂いなしという位ですから薬を準備し持っていくことに越した事はありません。

持病をお持ちでなければ薬を持参するかどうかはそんなに気にしなくてもOK!?

 特に何かしら持病をお持ちの方はかかりつけの病院で海外旅行の日程分を賄える量の薬を出してもらいましょう。余程長期の旅行日程でなければお医者さんも必要数の薬を処方してくれるはずです。その他、風邪薬・下痢止め・腹痛・頭痛などの一般的なお薬は普段の日常生活で服用してるものを持参しても構いませんし、現地の薬局で購入しても特に問題は無いのではないかと思います。

 よく言われるように海外の薬は効きが強いというイメージありますが、個人的には劇的に体に対して強力に作用する薬には海外旅行先での購入分でお目にかかったことはありませんので大丈夫かと思います。まあ個人差は少なからずあるので不安なら海外旅行へ行く前にドラッグストアで薬の準備をしておくのがいいでしょう。

 万が一事前に薬の準備を忘れたとしても空港にも大概大なり小なりドラッグストアはありますので問題はありません。(金銭的にも高いので予め準備しておくほうが賢明ですけどね)それに海外旅行先にしたって薬局やドラッグストア位ありますから特段問題はありませんし私的には万が一の際には逆に海外旅行先で薬の購入をおすすめします。(その辺については不運にも旅先で病気になってしまったケースを想定して別ページにて解説してますので興味があれば読んでみて下さい)

 以下に海外で薬を購入する際の便利な英単語と表現を書いておきます。英語に不慣れな場合はドラッグストアの店員に欲しい薬や病気の症状を伝えるのも一苦労ですが基本的な単語と後は必殺ジェスチャーでなんとかなるものです。

 風邪薬:Cold medicine 頭痛薬:Headache pill 下痢止め:Binding medicine 湿布:Compress 熱がある:Have a fever 風邪をひいた:I caught cold お腹が痛い:Have a stomach ache 咳が出る:cough comes out :Cough 火傷:Burn

 また液体やクリーム・ゲルのような薬は機内持ち込みの際に量や携帯の方法に細かな制限があるかと思いますので注意しましょう。(ジップロックに入れるなど)飛行機に乗る直前で必要な薬が没収されてはたまりませんし、こればっかりはどんなに必要でも規則と言われれば逆らえませんので・・・。

 私は過去に薬ではないですが小型のハサミをうっかり機内持込の手荷物に入れていて没収と言われたのですが、どうしても必要でお願いしたら機長預かりになった事があるのですが昨今の飛行機はルールに厳しいですから事前に準備して対策しておく事が必要です。

 薬とは違いますが虫除けスプレーも東南アジアや南米などだと重宝します。というか国や地域に関係なく蚊とかは寒冷地域でなければ案外いるんで一つ準備しておいても良いかと思います。まあ少々脱線してしまいましたが海外旅行に薬の準備は必要か?と問われれば実際にはあるに越した事はないですけど、持病以外であれば無理して市販薬とかを持参する必要は無いし、もしもの場合には現地でも薬局なりドラッグストアなりでより効き目の強い薬が大概買えるんで心配ありませんといったところでしょうか?



TOPページヘ