海外旅行するのに燃油サーチャージを払わない方法!?

     初めての海外旅行TOP > 海外旅行するのに燃油サーチャージを払わない方法!?

スポンサード リンク

 海外旅行のツアー代は格安で1万円とか2万円位なのにトータルの料金を見てみると空港税やなんやらに加え燃油サーチャージが5万円位とかで結局思ったより安くない・・・というか案外昔に比べると割高じゃんか!!なんてせっかく格安海外旅行のパッケージツアーを発見したのに悔しい経験や思いをされた方って結構いるんじゃないでしょうか?

本当に高すぎると思う燃油サーチャージ!!

 遠距離の海外旅行先ならトータル代金に占める燃油サーチャージの割合は薄まってそんなに気にならないケースもありますが(それでも馬鹿高くて嫌ですけど)近距離の海外旅行だと航空券やホテル代などの金額に対して、それより多くの値段で燃油サーチャージが付加されてるケースというのは非常に多いですから本当に腹が立ってしまいます。

 この燃油サーチャージなんてのが無料で昔のように無ければ・・・若しくは数千円とかなら老若男女問わず趣味の多様化にも負けずに大勢の旅行者が海外旅行をするんでしょうけど現実問題として投機による原油の高騰は終わりそうにありませんから誰しももし払わなくても済む方法があればな~なんて思ったことがあるかと思います。

 私も海外旅行を趣味としてますから常にこの憎たらしい燃油サーチャージを払わなくても良い方法は無いかと思ってましたのでネットなんかで調べてみたのですが、どうやら限定的ではありますが払わなくて良い方法や少しでも割安にする方法なんてのがあったりしました。万人向けではありませんし限られた条件という制約はありますが、そういった方法もあるんだなって程度に興味があれば読んでもらえたらなっていう次第です。

燃油サーチャージの必要が無い航空会社を利用する・・・格安での海外旅行や国内旅行では今や定番のLCCですが、エアアジアXやピーチ・アビエーションは燃油サーチャージを徴収していませんので、こういったLCCを旨く利用するというのも一考です。

燃油サーチャージ不要のマイルを使った特典航空券を利用する・・・ここら辺はマイルを利用して外資系の航空会社を利用すれば燃油サーチャージを負担しなくても大丈夫なケースが全てではありませんが存在します。もしJALやANAとかでマイルが溜まってる方であれば賢い利用でエミレーツ航空、アメリカン航空、フィンランド航空、エアカナダ、ニュージーランド航空なんかが燃油サーチャージを徴収されないようです。アメリカ系だとユナイテッド航空、アメリカン航空などはマイレージサービスの一環として同様に燃油サーチャージが不必要なのかな?まあ気になる方は少しネットで検索かけたり電話で問い合わせとかしてみればいいかもしれません。私的には今までマイルを貯めた事がないという勿体無い事してますので全く縁が無いので「ふ~ん・・・」て感じです。

海外での航空券の発券を利用する・・・少しでも燃油サーチャージの節約という意味ですが無料にはなりませんが、台湾や香港発券の航空券は、燃油サーチャージが割安なケースが多くみられます。そういった感じで海外発券の航空券を利用してみるのも有かもしれません。

 そんなとこが海外旅行するのに燃油サーチャージを払わない方法になるわけですが普通に旅行会社でパッケージツアーを申し込んで海外旅行する場合なんかだと非現実的ですし、あまりお役に立てる知識ではありません・・・結論として一般的な形で海外旅行を考えた際には今後も原油価格がリーマンショックの時のように落ち込んだり格安の新しい燃料が一般的になるなど何か突発的な事が無い限りは嫌々ですが付き合っていくしかないのかなというのが現実のようです。



TOPページ