海外旅行でLCCを利用する価値はあるのか?

     初めての海外旅行TOP > 海外旅行でLCCを利用する価値はあるのか?

スポンサード リンク

 最近は国内版LCC(ローコストキャリア)ピーチの登場によりTVCMや雑誌に新聞とLCC関連の話題を目や耳にする機会も多い気がしますがいかがでしょうか?当サイトでもLCCとは何なのか?という疑問を私的にザックリ解説してたりしますが今回のテーマは海外旅行においてLCC(ローコストキャリア)を利用する価値があるのか、LCCを利用したほうがいいのか否かについての私的見解を述べてみたいと思います。

お得で安いLCCは海外旅行でも利用価値はあるのかな?

 TVCMや雑誌なんかを見てるとLCC=安い・お得みたいなイメージを漠然と抱きやすいかと思いますが決して間違いではありません。というか正解です!!やはり今巷で話題のピーチやジェットスター・エアアジアなんかの一番の売りは安さですからね。従来の大手航空会社とは基本的にLCCのスタンスは違いますから全面的に価格面での安さや割安感で勝負してるので当然です。 それでは海外旅行に関してLCCを積極的に利用するべきではないかと言う声も聞こえてきそうな物ですが、ここで焦ってはいけません。

 一般的に高級な商品が全て良くて安価な商品が全て悪いという訳ではありませんが海外旅行に関しては航空券のランクにエコノミーやビジネスのクラス分けが存在するように、ツアー商品にも高価なタイプや激安なタイプのツアーがあるように料金がある一定のサービスレベルや一般的な満足達成度を表してくれています。ですからLCCは安いんだ割安なんだと簡単に飛びついてはいけないという事になります。(きちんとLCCについて理解してメリットやデメリットを受け入れた上では問題ありませんけどね)

 またLCCを利用する以上、価格が安いんだから割り切ってサービスの提供を受けるんで問題ないと思ってしまうのは勝手ですが机上の空論でありコレも考え物です。例えば近場のビーチリゾートであるグアムやサイパンだとしても3時間ちょっと飛行機に乗ってるのは案外苦痛だったりします。何回も海外旅行経験があればサービスの低下を料金の安さで割り切る事もできますが日本というサービス大国、顧客満足度最優先の国で暮らしていると普段はあまりサービスについて考えていなくてもLCCを利用した事による不満が頻出する危険は非常に高いです。(海外では時間の概念やサービスに対する根本的な考え方が大幅に違います)

 結局、その海外旅行に対する満足や良い思い出を創ろう・残そうと思えば必然的にLCCは避けたほうが懸命という結論に達するかと思います。(LCCが悪いのではないですよ。あくまでも長時間フライトが必要な海外旅行が前提で機内サービスの普通レベルに対する認識を理解してるのであれば料金とサービスは双方で比例するものというのがお分かり頂けるなら問題ありません)

 個人的にはLCCは2回程ジェットスターでオーストラリア・エアアジアでマレーシアへ飛んだ事がありますが、やはり機内サービス自体簡素化されてますし少々座席スペースも狭いようには感じました。ただ料金設定の安さを考えれば納得というか無理矢理ではなく許容範囲の内というのが正直な感想でしたし、航空券が安くなった分を海外旅行の他の部分にお金の配分を振り分けられるなら全然ありでした。私は飛行機なんて極力眠るようにしてるんでLCCのサービスを効率化して料金を安くするのは逆に願ったりかなったりで申し分なしだったりします。 最近じゃ原油高でいくら円高になっても燃油サーチャージの負担がでかすぎて海外旅行代金は10年位前に比べたら高いと感じざるおえませんから・・・。

 そんなこんなでLCCの海外旅行時の利用価値について色々書いてみましたが、結論としましては初めての海外旅行ならLCC(ローコストキャリア)の利用は避けましょう。旅費の安さの追求は精々格安ツアーで既存の大手航空キャリアを利用したプランにするのがベターですといったところでしょうか?



TOPページに