海外旅行にビニール紐の準備はおすすめ

     初めての海外旅行TOP > 海外旅行にビニール紐の準備はおすすめ

スポンサード リンク

 海外旅行に持参するアイテムや旅行用品には色々とありますが密かに私がおすすめするのはビニール紐だったりします。ビニール紐?と思われる方もいるかもしれませんが(ていうか大半か・・・)ホームセンターや100円SHOPなんかで売ってる白だったり半透明のよくある安価なビニール紐です。新聞や雑誌をゴミに出したりする時に縛るやつ。なんで海外旅行にそんな物を持ってくのか?と疑問に感じるかもしれませんが大変重宝するニクイ奴なのです。元々は若い時にバックパッカーしてたときの名残なのですが一般的な海外旅行ツアーしか行かなくなった今も毎回しっかりと愛用しています。

ビニール紐の意外な使い道とマストアイテム感

  では何故、海外旅行にビニール紐なのか?なのですが使い道として重要なのは1点のみです。それは洗濯物や濡れた物を干すという簡単な事なのですが海外旅行中にコインランドリーだったり手洗いだったり(乾燥機でバッチリ乾けば必要ないですけど)プールやビーチ、海で遊んで濡れた服や下着、水着なんかを干す際に部屋に用意されてるハンガーやタオル架けだけだと数が足りなかったり、ベランダに大量に洗濯物や濡れた物を「ダーッ!!」と干すのにハンガーだけだと無理があるのが大半なのでというのが理由だったりします。要するには急場の物干し竿代わりみたいな感じです。

 一人で海外旅行だとそんなでもないですが2人以上で増してや子供を連れて家族連れでの海外旅行となると本当にビニール紐はお気軽便利に大活躍してくれます。正確にはビニール紐と洗濯バサミでワンセットなのですが、どちらも安くて軽くて場所もとらないので、もし旅行先へ滞在中に必要なかったとしても特に問題ないのも利点の一つでもあります。ビーチリゾートなんかで頻繁に海やプールに出入りしてなんかの場合は全力で役立ってくれる事は間違い無しです。

 濡れた物(服・下着・水着など)を満足に掛けられるスペースがないと、その都度乾かすスペースを探したり確保するのに面倒ですし時間の無駄というのもありますから、そういう面でも助かるはずです。滞在先の部屋の中やベランダで適当な場所に結んで括りつけるだけですから使い方も簡単ですし大したコツもありませんしね。

  一応スーツケースやバックパックへ入れて出国前に荷物の準備をする際にはビニール紐を適当な長さ(少し長め)に切って何本か用意するのですが感覚が分からなければ家の部屋で少し練習ついでにトライしてみれば大丈夫かと思います。いくら軽くて荷物にならないからといってもロールのままで持っていくのは無駄なんで気をつけましょう。本数も気持ち多めでOKかと思います。(偉そうに指摘する程の事でもありませんけどね・・・) まあ海外旅行にビニール紐を持っていこうなんて実際に実践してみて便利さを味わわないとピンとこないのが普通かと思いますが一度便利さを味わったら見てくれは悪いですが絶対に海外旅行に手放せない便利アイテム・便利グッズの一つになって挙句はマストアイテムの一つとなり得る位の価値はありますので騙されたと思って旅のお供に持参して貰えればなって思います。

 我が家では万が一海外旅行先のホテルなんかについてビニール紐を忘れてしまった事に気付いたとしたら恐らく家族中での落胆振りは凄いのでは無いかって考えちゃう位ですからね。 ちなみに海外旅行先でビニール紐を買わなければならない状況になったとしたら(滅多に無いとは思いますが・・・)英語ではVinyl string、Vinyl ropeなんて単語になりますので適当に店員さんにカタコトでも連呼してれば特に難しくなく購入できるかと思います。何にしても上記のような理由にて大変便利で役立つアイテムなのは鉄板なので気になる方は忘れずに持参するようにして下さい。後はセットで洗濯バサミも大事なんで注意しましょう。



TOPページに戻る          サイトマップ 2 3 4   タグ一覧