海外旅行の準備 ドライヤーについて

     初めての海外旅行TOP > 海外旅行の準備 ドライヤーについて

スポンサード リンク

 海外旅行で持っていく荷物を準備する際に女性の方なんかだとドライヤーをどうしようというケースがあるかと思いますがどうでしょうか?正直言えばメジャーな観光地で後進国でなければ海外旅行のパッケージツアーに組み込まれてるようなホテルには大概ドライヤーが備え付けで完備されてるかフロントやレセプションで借りられるかと思うので悩む必要も無いのかなって思いますが、ゲストハウスうあバックパッカーだったりでそうじゃない場合もあるでしょうから一応書いてみたいと思います。

海外旅行へのドライヤーの持参で気をつけること

 とはいえドライヤーを海外旅行に持参するからといって特別どうという事もないのですが一つだけ大事なポイントがあります。まあ当然なのですが電圧が日本仕様だと100Vまでの対応しかしてないタイプもありますので注意しましょう。もし製品に記載されてる対応電圧の表記が100V~240Vとかなってなければヤマダ電気などの家電量販店などで海外の電圧に対応したドライヤーを購入しなくてはなりません。わざわざドライヤーの為に変圧器を海外旅行に持ってくのも重いし荷物になるしでメンドイですからね。

 ちなみに電圧の対応が日本仕様で100V迄のケースで海外旅行先で誤ってドライヤーを使用した場合にはもれなく火を噴いて一瞬で壊れてしまうのでアシカラズ。現に私たち夫婦と妹でカンボジアのアンコールワットが見たくてゲストハウスに泊まった際に妹は何も知らずに国内仕様のドライヤーを変圧器とか使わずに使用して火を噴いてショートした感じで使用不能に陥りショックを受けていました。

 それから持参するとしてもできる限り軽量コンパクトで且つ比較的安価なタイプのドライヤーをチョイスするようにしましょう。まあ普段から使っているドライヤーでなければダメだとかって人もいるでしょうかあ一概にコレとは言い切れませんが最悪ドライヤーなんて無くても超絶に困るとか不自由するというアイテムでもありませんから適度な妥協が必要です。やっぱりスーツケースとかの荷物の空きスペースは少しでもあるに越した事は無いですからね。個人的には髪の毛を乾かしたりセットするとかよりもその分の荷物が入れられるとかの方が断然重要です・・・。

 なおドライヤーも他の電化製品同様コンセントの穴に差し込めなければ使えませんし単なるガラクタとなってしまいますので電圧同様に海外旅行先のコンセントプラグの形状を事前にチェックするなり旅行会社に確認するなりして把握しておきましょう!!私的に万能型のマルチコンセント変換プラグなる物を毎度海外旅行には持参していますし実際に国や地域によっては大活躍してくれちゃってます。そんなに高い商品でも無いですし一つは用意して海外旅行時には是非携行して欲しいアイテムの一つです。 まあ海外旅行で持参したドライヤーに関してはとにかく電圧に注意するという点だけが非常に大事な点なので忘れずに覚えておいて下さい。

 それに付随して電圧関連でスマートフォンの充電とかでも世界対応になってないタイプは偶に見受けられますので気をつけましょう!! そういえば先日ハワイに海外旅行した際に馬鹿デカイタイプのドライヤーがホテルに備え付けで置いてあったんですがHOTにして風量をMAXにし濡れたアイテムを乾かしてたら壊れてしまったのですが最悪弁償にとかって覚悟してたら単に新品のドライヤーと交換してくれたんですがホテルに備え付けの備品に関しては壊してしまうと法外な弁償金額を請求される恐れがありますので注意して下さい!!



TOPインデックス         サイトマップ 2 3 4   タグ一覧