海外旅行中の冷房対策について

     初めての海外旅行TOP > 海外旅行中の冷房対策について

スポンサード リンク

 海外旅行へ一回でも行った経験のある方は結構同様の思いをされた事があるんじゃないかと私的には思うのですがレストランだったりショッピングセンターやタクシー・バスの中などエアコン(冷房)が滅茶苦茶効きすぎて過剰冷房で風邪引いちゃうじゃない!!っていう状況。外はメッチャ暑いのに建物の中は冷蔵庫or冷凍庫みたいな感じ・・・半袖のTシャツ一枚だけしか着てないと極限の罰ゲームに匹敵するくらい恐ろしい事になってしまいます。(舐めてると一発で体調を崩すくらいの威力あり)

海外旅行のお供に何らかの上着を持参しよう

 そこで海外旅行をする際にはジャケットやカーディガンなどの長袖の上着を必ず持参して防寒対策の準備をする事をおすすめします。私は日本にいる時から普通の人よりも断然寒がりなので海外旅行時に何らかの上着は100%欠かせません。この文面だけ見てると大袈裟だなって思われてしまいそうですがマジで寒さを感じる体感温度が違うのかエアコン(冷房)の効きが適温だなって思える時のが少ない位です。まあ飛行機のフライト中もブランケットだけでは不十分で長袖の上着は重宝するので持参するに越した事はありません。

 散々この初めての海外旅行準備マニュアル内でも荷物は少なくコンパクトになんて偉そうに言ってますが長袖の上着だけはマジで例外です。寒さ対策を怠った事が原因で海外旅行中に体調を壊してしまっては意味がありませんからね。要するには荷物の量やコンパクトさよりエアコンや冷房対策のが優先順位が高いって事です。まあ人によって冷房の体感温度は違うので一概にはいえないでしょうが普通は寒く感じる確立のが高いのでリスクを軽減させる為にも是非長袖の上着を持参して下さい。(薄手のタイプでもあるだけで違います)

 素材やスタイルに関しては個人の寒さに対する認識で異なりますが薄手でも構わないのでクドイようですが最低一枚は旅のお供に海外旅行へ連れて行ってやってください。 現地の外人さんはノースリーブでサンダル短パンとかでも平気そうなんで根本的に体の造りや体感温度が違うんでしょうけど本当に屋外と屋内の寒暖の差に体が参ってしまいます・・・。でもよく考えると微妙な暖かさだったり曇って肌寒いときでも外人さんは海とかお構いなしで入ってはしゃいだりしてるのをビーチリゾートやホテルのプールで見かけるんで何かが違うのは確定的(!?)なのでしょう。(あくまでも個人的な想像です)

 あとは中東や東南アジアとか行くとエアコンがガンガンかかって冷房がギンギンに効いてると金かかってて高級で贅沢みたいなイメージでもあるのかなって考えてしまいます。冷房効きすぎで凄い冷えてる=お客様の為のサービスみたいな?エアコン代けちって冷えが足らないとサービスが不十分のレッテルを貼られて評判が悪くなるみたいなとこでしょうか・・・私からすれば冷房効きすぎて冷えすぎ=室温管理が不十分でサービス不十分!!スーパークレーマーにでも変身して温度を無理矢理にでも適温の自分仕様に変更してやりたいなって気分になっちゃいますけどね。

 まあ何にしても海外旅行先での過剰な冷房による寒さの体感温度には個人差はありますが、郷に入れば郷に従えと昔の人は言ってましたし文句ばっかり言ってても仕方が無いですから海外旅行には必ず長袖の上着を持参する事をご提案させて頂き今回の海外旅行の準備でエアコン・冷房対策のテーマを締めさせて頂きます。少しでも海外旅行の際の参考になりお役に立てれば幸いです。



TOPページへ