海外旅行先では文化の違いに気をつけよう

     初めての海外旅行TOP > 海外旅行先では文化の違いに気をつけよう

スポンサード リンク

 最近では身近になった海外旅行ですしインターネットの普及なんかで昔に比べれば世界はグーンと狭くなった感覚さえありますが世界各国文化、習慣や風習の違いというのは当然ながらあったりします。日本では何でもない事が海外旅行先の国や地域によっては良くない事やタブーとされているケースだって多々あるわけでして注意が必要です。文化に関して日本の常識・非常識が外国の常識・非常識と照らし合わせた場合に間逆だったりというケースも決して珍しい訳ではありませんから気をつけましょう!!

海外旅行前には目的国の文化や習慣に少しは目を通しておきましょう

 例えとしては海外旅行先によって大なり小なり違ってくるので難しいですが、子供の頭は無闇に撫でてはいけないとか、公共のトイレが有料だったり、右手と左手で厳格に意味合いが違う、女性は肌の露出を控えるべきとか様々で色々ありますが商習慣の違いなんかも含まれるかと思われます。また文化の違いという括りだと違うかもしれませんが法的にホテルや車内に子供を一人ぼっちにしてはならないなんてのも注意する点だったりします。(国や地域によって違います)

 なのでココはこうアソコはこうとかっていうのは的確に指摘するのは厳しいですが準備や対策として目的とする国のガイドブックには文化や習慣の説明書きが大概ありますので一読し意識するなどの対応を心掛けるだけでも全然違うので旅行が近くなってきたら学習しておきましょう。だいたいがガイドブックの後ろのページに歴史や簡単な現地語、トラブル例などが載ってる近辺に文化の違いや習慣の違いも載ってるかと思います。 せっかく楽しみにしていた海外旅行で一寸した文化の違いを知らなかった為に嫌な思いをするのも何ですし海外旅行を機会に異文化に触れるというのも旅の醍醐味だったりしますから文化の違いも素直に受け入れてエンジョイするようにしてみましょう!!基本的には文化の違いは受け入れる方向でリスペクト第一が旅のモットーかと思います。

 よく見かけるケースとしては日本人だから関係ないさっ!!みたいに開き直ってるのかどうか知りませんが老若男女を問わず愚かな旅行者の方がいたりしますが決して褒められたものではありませんし日本人の誇りみたいなのを無駄に履き違えてる典型ですしとっても見っとも無いので絶対に止めましょう。たった一人の非常識な旅行者のせいで日本人はダメだって括りでみられてしまいますからね。



最初のページへ         サイトマップ 2 3 4   タグ一覧