海外旅行先での携行品損害の補償について

     初めての海外旅行TOP >海外旅行先での携行品損害の補償について

スポンサード リンク

 当サイトでも散々海外旅行保険の重要性に関しては色々なページにてお話ししてますが今回はその中でも盗難やスリに置き引きといったトラブルに遭遇し不運にも荷物が無くなってしまったような場合に絶大な威力を発揮してくれる携行品損害についてになります。海外旅行先にてカメラやビデオ、パソコン、時計など高額な商品に限らないですが、とにかく保険金の限度額内において携行品が無くなった際に保険金を支払ってくれるというものです。(細かい規定や契約内容は自己責任にて要確認なのは言うまでもありません)現金や有価証券など対象にならないものも当然たくさんありますが通常のアイテムなら大概は大丈夫かと思いますので大変心強い味方だったりします。最近だとスマートフォンが盗まれたけど保険金は支払われたなんてのも聞いたことがあります。

携行品損害の補償とはどんな海外旅行保険なんでしょうか?

 では海外旅行保険の中で携行品損害という項目に対して一番気になる点としては一般的に補償金額をいくら位に設定するかになるかと思うのですがいかがでしょうか?海外旅行先で盗られた荷物を日本円でいくらまでお金が保険金として下りるかですから基本的に人それぞれ自由で構わないかと考えますがあまり少なすぎても意味が無く肝心なときに役に立たなくても仕方が無いですから最低でも20万円から30万円は補償金額の設定として欲しいとこかと思います。まあ自分が海外に持参する荷物全体からおおよそで計算すればいいかと思いますが例えばスーツケースごとソックリ盗まれたと想定して考えてもらえれば分かりやすいのではないでしょうか?(スーツケースごと盗まれたとしても保険金の申請は可能です)

 私は過去に2回程クレジットカードに自動付帯の海外旅行保険で携行品損害の補償を利用し助けてもらった事があるのですがデジカメ、パソコン、時計、電子辞書、海外旅行先で購入したブランド品などバックごとタイのバンコクで盗まれたので多数のアイテムを申請したのですが全て保険金は支払われました。その時は本当に助かったのですが現金も日本円を4万円程財布に入れてたのでそれは当然戻って来ず悔しい思いをしたのですが、その際に気づいた点として保険会社の減価償却って案外緩いというか甘いというかレシートが無いと購入金額が自己申告のような場合もあるのですが昨今ネットで購入すると定価なんてあって無いようなものにも係わらず記憶が曖昧で少々購入金額より高めに申告してもスムーズに手続きが済んで結果少しは得してるんじゃないかなんてのがあったりしました。(保証書とか購入時の箱とか何か証明できるものは必要ですし故意に嘘をつくのは保険金詐欺ですから絶対に止めましょう!!長期旅行者なんかだと悪知恵を仕込まれて安易に何も盗られてないのに嘘の保険金請求してる方が稀にいますが最近の保険会社は厳しいので差悪詐欺未遂や詐欺罪に成りかねませんので念の為)

 まあ何が言いたいかというと減価償却が甘いと感じるケースもあるので携行品損害の補償額の設定は少し位多いほうが何かといいんじゃないかという事です・・・一般的には30万円位が丁度いいのかなって思いますし私は現にその設定で毎回海外旅行へ行ってます。必然的に補償額がアップすれば海外旅行保険の掛け金もアップしますから無駄に高額にする必要はないですしそんな所が無難なのではないでしょうか?(高級品を身に纏ったり高価なアイテムを持参する人はそれに合わせて金額設定を考えましょう)

 でもって万が一海外旅行先で盗難の被害に遭ってしまった際にどうしたらいいのか?ですが、一番重要なのは警察で盗難証明(ポリスレポート)を貰う事と保険会社への連絡です。それだけしておけば後は帰国後に連絡して送られてきた書類なんかと一緒に盗難されたものの購入を証明する領収書や保証書、パスポートのコピーなどを送って何も問題がなければ保険金が支払われます。場合によっては上記の様な不届き者のせいで怪しまれたりして不愉快な思いをするケースもあるようですが後ろめたい事は無いはずですので言われた事にはきちんと答えて提出するものはサッサと出して海外で盗難にあってしまった嫌な思い出を忘れ去ってしまいましょう。とにかく海外旅行保険にさえ加入してれば病気や怪我も同様ですが携行品損害やホテルの備品を壊してしまったりなど予期せぬ事態でも金銭的な面に関しては大概何とかなってダメージは軽減されるので僅かな掛け金で安心を買ったと思って絶対に未加入で海外旅行へ出かけるのだけは止めましょう。

 ただ一番ベストなのはそういった被害に遭わないように海外旅行中は常に注意する事を怠らずに観光なりショッピング、バカンスを楽しむってのが前提なので肝に命じておいて下さい。何にしても面倒なことは避けたいですし海外旅行中の限られた時間は非常に貴重です。盗難証明(ポリスレポート)を貰うのだって外国では仕事が遅い場合も多々ありますし言葉の壁だってあり(国や地域によっては日本語は勿論英語だって駄目なケースもあります)たった一枚の証明を貰うのに一日がかりというのも珍しくないケースも有り得ますからね。



TOPページへ