海外旅行保険の保険金額の必要額は?

     初めての海外旅行TOP > 海外旅行保険の保険金額の必要額は?

スポンサード リンク

 海外旅行保険への加入は何があっても最低限しなければなりませんが肝心の保険金額や補償額だったり補償内容に関してはどのようにしたらいいのかというのは悩みどころです。あまり過剰に補償金額を多くしすぎても保険料が高くなるし少なくても意味が無いしで難しいのですが基本的に大事な項目は病気やケガの入院や治療に関する費用(疾病治療・傷害治療)と携行品の損害(盗難とか)かと思いますので死亡したとかのケースで支払われる補償金額とかはあまり深く考えなくてもいいんじゃないかと私的には思います。(もしもの場合に家族にお金を残したいとかなら違ってきますけどね)

肝心の補償金の必要額はどうすればよいのか?

 では入院や治療に関する保険の補償の必要額はいくら位なのかが気になる所ですが考え方は人それぞれでコレという金額の答えは難しいのですがよく保険会社とかで引き合いに出される虫垂炎(盲腸)の手術に海外旅行先でなったケースとかですと200万円前後が例として出されてるのでその辺を目安に考えればOKかと思います。でもって携行品損害ですが持ち物を盗難されたりとかの場合において適用になりますが一般的には10万円から30万円程度を見ておけば大概は賄えるのではないでしょうか?その他には賠償責任とか(旅先で物を壊してしまったとかホテルの備品を破損してしまったとか)の項目もありますが保険金額の必要額は最低限のプランでもいいんじゃないかと私的には思ってます。

 以上を加味した上で海外旅行保険に加入するのですが何がベストというのはありませんが個人的にはクレジットカード自動付帯の海外旅行保険にプラスしてバラ掛けで補償金額をアップするか別系列のクレジットカードを複数枚持つか(死亡とかは最高額を按分となってますが治療費用は加算が可能の場合があるので要約款の確認が必要です)で対処するのがベターなんじゃないかと思う次第です。

クレジットカード自動付帯の海外旅行保険の落とし穴

 ただ最近ではクレジットカードに自動付帯される海外旅行保険の補償内容や適用条件が改悪されてるケースも多々あるので必ず旅行前に約款などの細部にわたりチェックをしましょう。 また海外旅行保険の補償なんかの必要額とは話がそれますが補償されない事(歯の治療や現金の盗難など)家族まで補償が適用されるのか(家族プランとかファミリープランとかの類)、あとは海外旅行保険が自動付帯なのか利用付帯なのかなども実際に海外旅行へ行かれる前に理解しておく事が望ましいので海外旅行保険の補償内容と共に要チェックなのは言うまでもありません。

 またできる事なら海外旅行保険にクレジットカードの自動付帯でなく別途加入する場合には空港でもOKですが家を出てからの万が一に関しても補償してもらえますので極力海外旅行出発日の前までに事前準備の一つとして保険に加入する方がより安心かと思いますので覚えておいて下さい。



TOPページへ