海外旅行で余ってしまった現地通貨はどうする?

     初めての海外旅行TOP > 海外旅行で余ってしまった現地通貨について

スポンサード リンク

 海外旅行へいく場合に空港や現地の両替所で日本円を現地通貨両替するかとは思いますが実際にきっちりと使いきれる事は稀だったりします。そうなった場合に手元に余ってしまったドルなどの現地通貨をどうしよう?どうしたらいいか?ベストな選択は何だろうと疑問に思うのが普通だと思います。

 今回はそういった余ってしまった現地通貨をどうすればいいのか私的な経験と偏見によりまとめてみたいと思います。 まあどの位の現地通貨が手元に残ってしまったかにもよりますが現地通貨から日本円への再両替は基本的には損をするというのが殆どです。手数料が半端ないですから何年も寝かしたとしてもかなり円安にならないとペイできませんし現実的ではありません。 なので現地通貨があまってしまった場合には以下のような選択肢を候補にあげてみました。

現地通貨が余ってしまった場合にどうするか具体例

 USドルやユーロなど主要通貨の場合・・・また次回の海外旅行の為にとっておくのも一考です。再両替で手数料損するなら次の海外旅行で使ったほうがマシです。最悪USドルやユーロなら大概の国で使えますから問題はないでしょう。

 出国時に免税店で無理矢理使う・・・最両替で手数料損する位ならやけになって使いましょう。空港での食事や飲み物は割高ですが免税店ならさすがに安いのが殆どなんで気がねなく余った現地通貨を衝動買いに使ってみるのもいいでしょう。なお金額にあまった現金が足りなくてもクレジットカードと併用すれば問題ないですので頭の片隅にでも入れて於いてください。例)100ドルの商品 現金50ドル+クレジットカード50ドルみたいな感じです。

 募金箱に寄付する・・・本当に小額な現地通貨のあまりならドーンと募金箱に入れてみるのもいいかもしれません。 私は貧乏性なんでできませんけどね。

 やっぱり再両替する・・・いくら手数料損とはいえ日本に帰国してから使い勝手の悪い外国のお金より日本円を持っていた方がいいと思えば余った現地通貨から日本円にしちゃいましょう。余ってる現地通貨の金額にもよりますが殆ど微々たる影響だったりします。

 でも結局のところは無駄なく日本円を現地通貨に両替するよう常に心掛けるのが一番大事なのは言うまでもありません。ちなみに再両替は紙幣のみで硬貨は駄目なはずですので気をつけてください。あとは海外旅行で訪れた記念に小額なら紙幣やコインの現地通貨をコレクションするのもいいかもしれません。私は余ってしまった現地通貨を再両替すると二重に手数料損するのが嫌なんであまり深く考えずに空き瓶なんかに無造作に突っ込んでコレクションしてます。各国個性的なカラーや印刷なんで綺麗ですしちょっぴりそんなマイコレクションに自己満足してたりします。後は再度同じ海外旅行先の国や地域にカムバックしたいという願いも込めながらですかね・・・。

 ちなみにある機関の調査によると海外旅行に出掛けて使い切れずに家の箪笥や引き出しに眠る余ってしまった外貨紙幣の平均は約3万3000円だそうで、日本全国で推計1兆3000億ほどものタンス預金の外貨紙幣版があるそうです。日本人旅行者は海外旅行の際に平均で約7万円位を両替してるみたいで、旅行中に全て使い切った人は約3割で7割の人は現金で持ってた外貨紙幣を余らせており、利用せずに余った現地通貨であるタンス預金の外貨紙幣版の総額は、銀行の休眠口座である年間発生額882億円の1.5倍という驚くべき結果になるそうです。なんていうか日本人はお金持ってるな~というのが正直な感想です。

 マジで余った現地通貨の有効利用を考えたほうがいいんじゃないかと思う今日この頃だったりします。



TOPページヘ