海外旅行の最中にスリの被害に遭わない為の準備

     初めての海外旅行TOP > 海外旅行でスリの被害に遭わない為の準備

スポンサード リンク

 海外旅行していると、どんなに気をつけて注意をしていても100%事件やトラブルを防止し遭わない様にする事はできません。日本にいる時と違ってスリ盗難の被害に遭ってしまう確立も悲しいですがグンとアップします。(日本の治安は昔に比べたら悪くなったとか言われてますが、それでも世界の国々に比べたら別格です)特に日本人は海外旅行先で運悪く目をつけられると格好のスリの獲物と成り得ます。(一般的に日本人はお金持ちだと思われてるのも痛いです)

海外旅行中にはどんなスリの被害に気をつければいいのか?

 そこで海外旅行を楽しく満喫する為にもスリに対する知識を身につけ、万が一スリの被害に遭っても冷静に対処できるように心の準備をしておきましょう。私自身は過去にタイの秋葉原・パンティッププラザでスリの被害に1回遭ったことがありますが経験してみて分かった事は結果論ですが少しの注意を払っていれば未然にスリの被害は防げてたという事です。

 海外旅行先でスリの被害に遭ってしまったケースとしてお話しすると、メジャーどころですがショッピングセンターで前から数人が順番且つ不自然にぶつかってきて違和感があり気づくとバックから財布だけが無くなっていてスリの被害にあったと気づいた時には後の祭りといった感じでした。情けない話ですがこれが現実です。

 多少海外旅行なんて楽勝!!国内旅行と変わんないし!!みたいな驕りがあったのかもしれません。 そんなスリの被害に海外旅行で遭遇しない為に私なりのポイントを下記にリストアップしてみたいと思います。

 ①お財布・・・バックの中に複数入れて大事な方の財布の一つを紐やチェーンで結び普段使う財布はスリに遭っても被害が最小限に抑えられるようにする。間違っても後ろのポケットに直接財布を入れては駄目です!!

 ②人前で不用意にお金の出し入れをしない・・・どこに大事なものがあるかを自分から教えているようなものですし悪い人にスリをさせる気を起こさせないようする為にも案外大事だったりします。

 ③何か注意を引く行動をされたら・・・スリのパターンの一つとして意図的に何かに注意を引き付けつつ一瞬の油断を誘い仕事をしようとする場合もあります単独だったり複数人だったりと様々ですが急に目の前で転んだり握手を求めてきたり、ぶつかってきたりと不自然な行動をとってきたら手荷物類に注意が必要です。なんでも疑えば良いわけではありませんが頭の片隅にもしかしたらと思うだけでも随分とスリに遭う被害は減ると思われます。

 ④ジプシーや子供にも注意・・・子供だからといって油断は禁物です。海外で子供のスリは意外に多かったりします。特に集団で体をもみくちゃにしてきて財布や腕時計にカメラなどを盗って行ったりダンボール片や新聞を大きく広げて近づいてくるパターンは有名です。時には毅然とした態度で追い払うことも必要です。

 ⑤なるべく口のおおきなバックは持ち歩かない・・・容易にスリの手が入ってしまうようなタイプのバックは論外です。ただバックに関してはショルダーだろうとリュックだろうとウエストポーチだろうとスリの被害を完全に防ぐことは不可能なんで好みの問題で良いかと思われます。(切られたり引ったくりに遭ったりしたらという意味です)

 こんな感じでスリの被害に遭遇しないポイントを上げてみましたが他にも書けばきりが無いほどのケースやパターン、対処方法があるかと思いますが少しでもお役に立てれば幸いです。ただ何度も言うように100%スリや盗難の被害を防ぐのは無理なので念の為の海外旅行保険には絶対に加入をし色々な意味でシッカリと事前準備をして海外旅行へ行くようにしましょう!!



TOPへ         サイトマップ 2 3 4   タグ一覧