海外旅行で荷物のセキュリティー 防犯の準備

     初めての海外旅行TOP > 海外旅行における荷物のセキュリティー 防犯の準備

スポンサード リンク

 海外旅行する事が決まったら誰しも荷物のセキュリティーに関して心配や不安があるかとは思いますが正直これって海外旅行の経験をいくら積んだって最終的にどうにかなるものではありませんが、特に初めての海外旅行だったりした場合になんてより多くの分からない事も多々ありますから更に荷物に対するセキュリティー防犯の事が心配かもしれません。

 飛行機に乗る時にチェックインする際にスーツケースなんかを預けるのもそうですし、海外旅行先で滞在中の荷物の管理(パスポート・現金・カメラ・ビデオ・パソコン・スーツケースなど)やショッピングに観光中と常に海外旅行してる間は荷物のセキュリティーに関する問題が付きまとってきます。どんなに注意深く気をつけていても運やタイミングが悪ければどうしようも無いのですが最低限の心構えといった点で注意点をいくつか挙げてみたいと思います。

海外旅行中の荷物の管理やセキュリティーに対する問題点

 ・飛行機へ荷物を預ける際・・・最近は飛行機へ荷物を預ける際は寸法や重量も厳しくなってますがセキュリティー関連だとカギを掛けてはならない海外旅行先(アメリカ本土・ハワイ・グアム・アラスカ・サイパン・他のアメリカ領)もあったりしますので途中でスーツケースが空いてしまったり無防備にならないようにスーツケースベルトをつけましょう。*TSAロック付は除く また貴重品は絶対に機内持ち込みとします。そして他の人に荷物をターンテーブルで間違われないように何か目立つ目印をつけておくと尚OKです。(ステッカーやタグ)

 ・滞在中の荷物の管理・・・海外旅行中は滞在先のホテルの部屋とはいえ荷物はキッチリまとめて乱雑に置かない(出来心を防ぐ意味です)パスポートは肌身離さず持ち歩くか貴重品ボックス若しくはフロントに預ける。カメラやビデオ・パソコンなど高価なものも一緒です。スーツケースやボストンバッグなんかもなるべく目立たない場所へヒッソリと置くように心掛ける。(クローゼットとかあればその中へ)

 ・海外旅行先で観光中の荷物の管理・・・なるべく斜め掛けのショルダーバックを体の前に掛けるがいいのではないかと思います。リュックは後ろに背負うのは人混みなんかでは危なかったりします。(サクッっとリュックごと切られてのパターン)ウエストバックやヒップバックはあからさまに大事なものが入ってるように見えるらしいので避けるが吉かもしれません。迂闊に足元に荷物を置いてしまったり、少しの間だからと荷物から目を離すのも絶好のカモだったりします。レストランやファーストフード・フードコートで食事するときも本当にベストなのは片時も体から話さないように紐に腕を通すなどするのがグッジョブです。(そこまでは中々難しいですけどね)それからお財布をズボンの後ろのポケットにいれるのも厳禁です。

 以上が海外旅行中に嫌な思いや盗難・スリなどに遭わないための簡単な注意点となります。海外旅行を楽しむという上では過剰に荷物のセキュリティーや防犯を気にしすぎては駄目なんですが最低限の注意を払うことで避けれるケースも多々あるかと思いますので覚えておいて損はありません。

 最初にも述べたように荷物に対するセキュリティーに人一倍神経を尖らせ万全を期していても、どんなに海外旅行経験の豊富な旅行者でも運とタイミングが悪ければどうしようもないのがトラブル遭遇の現実ですのでそういった面からも海外旅行保険の加入や遺失・盗難・スリやロストバゲージの被害に遭ってしまった場合の対処方法については事前に準備をしておきましょう。



マニュアルメインへ         サイトマップ 2 3 4   タグ一覧