海外旅行するのに海外旅行保険に加入しないとどうなるか

     初めての海外旅行TOP >海外旅行するのに海外旅行保険に加入しないとどうなるか

スポンサード リンク

 海外旅行に行くなら必ず海外旅行保険加入しましょうと散々当サイトでも書き綴ってますが、もし海外旅行保険なんて加入しなくても大丈夫とたかをくくって軽い気持ちで海外旅行へでかけたらどうなるかというのを複数の事例を交えて検証してみたいと思います。

海外旅行保険に加入しなかった場合の事例を検証

 怪我をしてしまったら・・・当然ですが全部自腹です

 携行品を盗まれたら・・・当然ですが1円も戻ってきません

 ホテルの備品を壊したら・・・当然ですが全額自腹で弁償です

 病気になったりケガをしたら・・・当然ですが高額の治療費は全額自腹になります

 飛行機に預けた荷物が無事に運搬されなかったら・・・海外旅行先での生活必需品も自腹で購入です

 遭難したりしたら・・・航空機等が遭難した場合などに、親族が実際に支出した捜索救助費用等も全額自腹です

 死亡・傷害後遺障害・疾病・・・こういった場合も1円も残された家族にお金は残りませんし、生活に支障をきたす様な障害が残ったりしても1円もお金が入ってきません

 以上が簡単な事例の検証ですが海外旅行保険に万が一加入してない場合に事件・トラブルに遭遇したら金銭的に致命的すぎて話しになりません。(人生自体がゲームオーバーになって棒に振りかねません)これは海外旅行に限らず日本で生活していても同じなんですが入院や通院を必要とするケガ・病気それから携行品に対する盗難・置き引きのリスクに関しては海外旅行保険は抜群の威力を発揮してくれます。なんといか携行品損害補償は我慢すればいいだけですが、通院や入院に賠償責任で補償されるホテルやレストランなどの備品を壊してしまったなどの高額な出費になりがちなケースの場合はマジで人生を左右するほどの死活問題になる事も有り得ますから気をつけましょう。

 なんだかんだといっても結論は海外旅行保険に加入して海外旅行先での事故・トラブルに備えましょうとなる訳ですが、最低でもバラがけ若しくはクレジットカードに自動付帯の海外旅行保険に加入・準備するようにと毎回同じ結論に達してしまうわけです。

 個人的には知り合いがドイツへ海外旅行した際に散々アドバイスしたにも関わらず無海外旅行保険状態で虫垂炎になり入院したのですが約120万円という治療費を請求されていました。日本へ帰国してから健康保険に加入してるので社会保険事務所に届出して高額療養費とか適用されてましたけど虫垂炎の日本での治療費相場が外国に比べてかなり安いので(このケースではバッドケースですが本来ならイイ事です)30万円程しか払い戻しが無くて苦労していたのを思い出します。あくまでも日本の治療費を基準として払戻金は計算されるようでした。

 上記のようなケースも可能性ゼロではありませんので海外旅行保険に加入の準備を怠るようなバカな真似はよしましょう!!一時の節約やドケチの為に取り返しのつかないケースも考えられますので海外旅行保険への加入は必衰事項です!!



TOPページヘ