海外旅行における現地通貨の両替や準備について

     初めての海外旅行TOP > 海外旅行における現地通貨の両替や準備について

スポンサード リンク

 海外旅行に行くならば初めての海外旅行でも何度目かの海外旅行でも100%避けて通る事はできないであろう日本円から現地通貨への両替についてが今回のテーマです。まあ今は空前の円高ですから一昔前に比べれば負担はすくないですけど両替する場所や方法によって多少なりとも手に入る現地通貨の総額が違ってきますので読んでおいて損はないかと思います。誰だって、できれば日本円を海外旅行先の現地通過へ両替する時になるべく損をしないようにしたいのが正直な所かと思いますしね。

両替する際の為替レートは気にしない!?

 ただ上記とは少々矛盾しますが1回の海外旅行で使う金額であれば一般的にはそんなに気にしないほうがいいのではないかというのが私個人の考えです。(そんな事を気にするより貴重な海外旅行での滞在期間をエンジョイする方が有益だと思うので)しかし頭の中では為替レートや手数料の損なんて微々たるものと理解できていても、そんな事言ってられないという方もいると思うので簡単に現地通貨へ両替する際の説明をしたいと思います。

 まずは両替所にある電光掲示板などにある為替レートの表記の意味からです。 例としてはこんな感じです。

 TTS・・・日本円から外貨に両替する際に適応されるレート

 仲値・・・銀行が外国為替取引をする際の基準レートとして用いるレート

 TTB・・・外貨から日本円に両替する際に適応されるレート

TTS 仲値 TTB
現金 88円 85円 82円
T/C 86円 85円 84円
現金を両替した場合のモデルケース
日本円→US$ 10万円を出国前にUS$に両替 ¥100000÷88円=$1136    
US$→日本円 $100を帰国後に日本円へ両替 $100×82円=8200円    

 どうですか?現地通貨への外貨両替と現地通貨からの日本円への両替のイメージを掴んでもらえたでしょうか。

 なお銀行でも空港での外貨両替でも100ドル札への両替を進めてきますが個人的には少しでも小額の現地通貨で用意した方がいいと思います。50ドルとか20ドルとかで多めに用意して10ドルや1ドル札も必ず用意しましょう。両替所の窓口の人は事務的でメンドクサイ感じ全快になったりしますが気にする必要はありません!!絶対に小額紙幣のほうが色々な面で使い勝手がいいですからね。

 そして次に外貨両替をする場所を何処にするかが大事になってきますが候補としては日本国内ですと銀行・空港・金券ショップ・FXの口座を利用してなど色々ありますが一般的には空港で外貨両替して海外旅行先の現地通貨を用意する方が大半かと思います。為替レートの面で考えると海外旅行へ行く場合に日本円から現地通貨への両替レートとしては金券ショップ>銀行>空港の順で為替レートは通常悪くなってゆきます。(FXの口座を利用するのは一番お得な為替レートですが裏技的ですので興味のある方はFXの口座を利用した現地通貨の調達方法を参考にして下さい)

 日本円から現地通貨への両替はどうしても手数料の関係で上記のような不等式が成り立つ可能性が高いです。 ただ最初にも述べたように海外旅行では短期間で何百万円とか浪費する方も稀でしょうし出国する際にお気軽気分で空港についてチェックインを済ましたら為替レートなんか深刻に考えずチョイチョイと日本円から現地通貨に両替した方が良いのではないかと思います。

 最後は外貨両替を日本国内でするのか海外旅行先の国でするのか?といった問題がありますがこれは千差万別としかいいようがありません。一つ大きく共通するのは海外旅行での滞在先のホテルでの現地通貨への両替は止めましょうという事位だと思います。

例として主だったケースを下記に挙げてみます

 ・アメリカ 円高の今は日本国内での外貨両替がいいでしょう

 ・ヨーロッパ 円高もありますが現地での両替手数料が高い場合も多々あるので日本国内がいいでよしょう

 ・アジア 海外旅行先で現地通貨への外貨両替がいいでしょう あくまでも個人的見解ですが参考程度にはなるかとは思います。

 おおまかな掴みとしては上記のような感じかと思いますがハッキリ言ってあんまり深く気にせずとりあえず出国の際に空港で3万位両替して現地では日本円をチェンジしてもいいしクレジットカード使ってATMでキャッシングでもOKですしその場のノリや雰囲気で適当に現地通貨の調達をすればいいのではないかと思います。なんだかあまり適切なアドバイスではないかもしれませんが短期間の海外旅行ツアーにて現金を使用し浪費する金額なんて普通はたかが知れてますからね。レートによる差額での損得なんて微々たるものです。



TOPページヘ