海外旅行中に誤ってスマートフォンを水没させてしまった話

     初めての海外旅行TOP > 海外旅行でスマホが水没!?

スポンサード リンク

 初めての海外旅行準備マニュアルとは少し違うのですが先日ハワイへ海外旅行へ行った際に海でスマートフォン水没させてしまった事件のお話です。当サイトでも人気ページの一つに「海外旅行でスマートフォンの準備は?」というのがあるのですが、それだけスマートフォンは普及してて海外旅行に持参する旅行者の方も多いでしょうから同じような水没というトラブルに見舞われて方がいた場合に少しはお役に立てればと思って書いてみます。

 私たち夫婦は今まで海外旅行する時にはデジタルカメラやデジタルビデオなどは必ず旅のお供に連れてく派で割かし旦那は電子機器好きなんでもう両アイテムは15年前位から(まだデカくて重かった時代です)海外旅行の必須アイテムだったのですが最近のスマホは性能もUPしてるし何より便利なアプリが盛りだくさんだしで今年の夏も日本国内で海にプールにと写真撮るのに大活躍だったので荷物は軽くなるし嵩張らないしでメリット大なのでスマートフォン一本でデジカメやビデオの分も代用しようとしたのがそもそもの間違いでした・・・。

スマートフォン用防水ケースの耐久性の事なんて考えてもいませんでした

 最初はデジカメ用の防水ケースを買って調子が良かった事もありスマホ用の防水ケースも使い出しプールなんかの水中で子供達の写真を撮りまくってこの夏は無事に終わったので油断してたのですが防水ケースの耐久性とか考えもしなかったので海外旅行中にスマートフォン水没という最悪のケースに見舞われてしまった訳ですが、もし今現在海外旅行先でスマホを使って水中での撮影や盗難防止で首にぶら下げて海やプールに入ろうと思っている方がいるならば絶対に止めましょう!!と声を大にして言いたいです。

 特にビニール製の比較的安価で出回ってる商品はオススメできません・・・別に製品に欠落があるとかではありませんし説明書きにもちゃんと注意事項は明記してありますし製造元や販売元が悪いとかを言うわけではありませんが構造上いくら注意を守っても避けずらい欠点によって私たちはスマホが水(海水)に濡れてしまったので・・・まあ99%大丈夫なのでしょうが残りの1%に遭遇した際のデメリットがあまりにも大きすぎるのでってのが理由だったりします。(実際には回数にすれば一夏で10回以上は無事に使えてましたしね。結果として耐久性という面では疑問は残りますが・・・)

 では何が原因でスマホが水没してしまったのか・・・なのですが下記に画像を載せてみましたが(ハワイで撮影後にむかついてゴミ箱に捨ててしまったので詳細画像までは無く大変分かりづらくてアレですけど)ジップロックみたいにパッキンが何箇所かあって最後はクルクル巻いてボタンで留めるといった感じで水が内部に入らないようにするのですが結果としてはパッキンの開閉の繰り返しでどうしてもパッキン(水が入らないように強力なパッキン)に凄い力がかかってしまうのでパッキンとビニールの接合部が避けてしまうという状態になりあえなくスマートフォンがお星様になってしまったのです。 (気が付かない位に数ミリ程)

スマートフォン 防水ケース

 先程も書きましたがスマートフォンの防水ケースの説明書には仕様前には必ず何も入れないで水に入れてみて防水がちゃんとしてるか確認してから御使用くださいみたいに書いてありますが結局は安全なのを確認したって再度密閉部分を開け閉めして水没から守りたいアイテムを入れなければならない訳で・・・チェックの意味はあまり無いかなって思います。まあ更に念入りにチェックをすればいいのでしょうけどビニールは透明だし少しの切れ目なんて確実に発見するのは不可能ですし(今回だって海から上がって切れ目(穴)を探すのにしばらく時間が掛かった位ですから)結局の所は使わないのが一番ベストという結論に辿り着くのかなって思う次第です。

 最終的には自己責任な部分があるので今回のケースも仕方が無いのですが海外旅行先で水没するまでに撮影した写真や動画がアッサリ消えてしまうのは結構大きなデメリットかなって個人的には思います。

 まあ事の顛末はそういった感じなのですが愚痴ってばかりでは仕方ないですし何のお役にも立てませんから今回のトラブルをキッカケに私が万が一スマートフォンなりガラケーなりが水に濡れてしまったり水没した際にどうしたら良いかを調べた結果というか対処方法を記載してみたいと思います。

万が一スマホやガラケーが水没してしまったら緊急時マニュアル

 ①水没後は絶対に電源を入れない

 ②すぐに電池パックを本体から取りはずす

 ③ドライヤーなんかで水分を取り除く(HOTはダメです!!COOLを使用)

 ④その後に袋の中に入れて乾燥剤(シリカゲル等)などを入れて完璧に乾燥させる(最善を尽くすなら1週間位かな?)

 ⑤もし復旧したなら水没でダメージを受けて再度壊れるのは予測不能なのでデータは即効でパソコンなどに保存する

 *また私はスマホの保険とかは無駄かと思ってて購入後ドコモショップにて解除しましたがスマホは非常にデリケートなので保険はなるべく維持してるのがベターだそうです。水没でも1回目なら5250円で交換OKだそうです。一応各携帯キャリアにて要詳細確認してみて下さい。

 なお今回の水没トラブルにてスマホやガラケーには水没シールなるものが貼ってあり(水分に反応して色が変わるそうです)完全なる水没ではなくても(トイレに落としたとかお風呂に落としたとか)水没シールに唾液がついたとか汗がついたとか寒暖による結露や雨水が一滴ついたとかでも完全な水没扱いになるそうなんで、そういう意味でも保険には加入したままの方がいいという意見がネットでは多く見受けられました。

 そんなこんなでせっかくの海外旅行でハワイはハナウマ湾でのシュノーケリングを満喫しようと思ったのに半日は気分が滅入ってしまい勿体無い事してしまったのですが、せめてもの救いは子供たちが魚を見て喜んでくれた事でしょうか・・・。でも今回の海外でスマートフォン水没事件は一生忘れられない出来事であり悪い思い出となりそうです。ちなみにハナウマ湾でのシュノーケリングでも魚は色々見れましたが私的にはサイパンのマニャガハ島の方がたくさんの魚やカラフルな魚が見れたんで少々残念ではありました。

 ちなみに帰国後に新しいスマートフォンを手に入れなけらばならなくて金銭的に途方にくれてましたが偶然と言うか奇跡的にスマホ本体や電池パックの水没シールには反応が出てなくて購入後数ヶ月も経ってたのですが何故か修理預かりにもならずにその場で新品と交換してくれたので助かったのですが対応が謎過ぎて未だにチョッピリ気持ち悪かったりしますが結果オーライということで納得しちゃってます。まあ貴重な海外旅行の思い出である写真は無くなってしまったので完全に元に戻った訳ではありませんけどね・・・。

 という訳で海外旅行にスマホを持参し防水ケースで海やプールにて活用しようとお考えの方にとって私の悪い例や最悪の結果が少しでも参考になりお役に立てれば幸いですし同様の防水ケースを使用中の方やこれから購入を考えてる方に有益な情報となる事を願っております。



TOPページへ