海外旅行にスマートフォンを持参した際の注意点

     初めての海外旅行TOP > 海外旅行にスマートフォンを持参した際の注意点

スポンサード リンク

 近頃はスマートフォンの普及は著しくなんだか通勤電車の中とかだとガラケーの肩身は狭い雰囲気さえ漂ってそうですが、海外旅行にも自前のスマートフォンを持って行くという旅行者の方も着実に増えています。日本人も外人も現地人も含めて多くの人が海外旅行先でスマートフォンを操作している光景を目にします。圧倒的に海外だとiphon率高すぎで世界中でバカ売れしてるんだなって実感できちゃう位です。

スマートフォンを海外旅行に持って行ったケースにおける独特の注意点とは・・・

 やっぱりスマートフォンてネット検索だけでなく色々旅行に適したアプリとか地図が便利ですから海外に一度でも持って行くと次からはスマホ無しでは心許ない位にお役立ち度満点なのですが、それ故にスマートフォン独特の注意する事とかがあったりします。 ここがガラケーの携帯電話とは違う所なのですがスマートフォンはアプリの更新なんかで勝手に自動更新したりしてバンバン通信してしまいパケットの消費が半端ないので気づくと凄い請求が帰国後にきてしまうみたいなケースが起こりえるという事です。

 日本でスマホを利用する場合はパケ放題(パケ・ホーダイフラット)やLTEフラット、ISフラットなどに殆どの方が入ってるでしょうから普段はパケット量なんて気にも留めませんが実際パケット量なんてすぐに定額のMAXまでいってしまうものなんでパケ放題のような物が海外で適用されてないと信じられない程高額な請求が来てしまうわけです。 そこで基本的には海外でも利用できるパケ放題と同様のサービスを利用するかデータ通信をOFFにして無線LANやWI-FIの利用をするかの選択を強いられる訳ですが、ドコモだと海外パケットし放題1日1980円や2980円とかだし探せばもっと安い料金を提供してる会社もあるんでしょうけど無理して海外旅行先でネットを利用する必要もないですから後者をチョイスするのがいいんじゃないかと個人的には思いますし実際私はそうしてて無線LANやWI-FIを活用してます。

中にはこういった便利なサービスもあるみたいです(【格安】パケット定額1日670円~【格安】海外でインターネットするならグローバルWiFi! )設定とかも良くわかんないし海外旅行先で申し込んだり色々考えたりするのは面倒なら予め海外パケット定額のサービスに申し込んだりするのもアリです。

 それでも海外は意外と無料のWI-FIは充実してますしホテルなんかだと大概ロビーだったり滞在中の部屋の中とかでWI-FIを使う事ができますから正直そんなに不便してません。 一応念の為に活用した方がいい物として携帯電話の各キャリアでは、海外利用時のパケット代の高額請求トラブルを避ける為、海外旅行先でスマートフォンの接続状態を簡単に確認できるスマホ用のアプリをそれぞれ提供していますのでそういったアプリなんかも使ってみる事をおすすめします。ドコモは「ドコモ海外利用」、KDDIは「GLOBAL PASSPORT」、ソフトバンクモバイルは「海外パケットし放題」という感じのアプリでダウンロードして無料で使う事ができるようです。うっかりしてしまってデータ通信オフし忘れたりアプリの自動更新をOFFにしてなかったりして高額請求のトラブルに見舞われるのは勘弁なので出来る限りの対策や準備はしておく方がベターです。

 それからパケット定額利用の利用に関しては1日単位などでの契約になるかとお思いますが日付の区切りはどのタイミングなのかだけはちゃんと確認しておきましょう、日本時間がベースだと時差の兼ね合いで現地時間の24時が区切りではなく何時間かズレが生じている場合もありますので注意が必要です。たったの数分使って1日分の料金を取られては溜まりませんしね。

 今回は海外旅行にスマートフォンを持参した際の注意点の中でも勝手に自動通信されてパケット代の恐ろしい請求の魔の手を未然に防ぐ点をメインにしてみましたが盗難やプールやビーチでの水没や充電についてなんかも気をつける点としてはありますしパケット同様大事なテーマではありますので別の機会にでも書いてみたいと思います。それからスマホの充電器のコンセントに差し込む部分の対応電圧表示が100V~240Vになってるタイプを持っていって下さい。なかには100V対応までの充電器もあるので気をつけましょう。スマートフォンが一発で壊れてしまう可能性がありますからね。

 しかし本当にスマートフォンのおかげでパソコンとか海外に持参しなくても大概の用事は済ませることができるようになりましたしコンパクト且つ軽量と申し分ない性能で私なんかは大助かりだったりするので、これから海外旅行にスマートフォンをもって行こうかお悩み中の方は是非持参されてみることをアドバイスしてみたいと思う次第です。*とにかくデータ通信をオフにするというのだけは何がなんでも忘れないようにしておきましょう。



TOPページへ