海外旅行中チップはどうすればOK?

     初めての海外旅行TOP >海外旅行中チップはどうすればOK?

スポンサード リンク

 初めての海外旅行だったりチップの習慣のある国が初めてですとレストランで飲食した際に払うチップの習慣に戸惑う方も多いかと思われます。そもそも日本にはチップという文化や習慣が根付いてませんから戸惑って当たり前ですし国内旅行で旅館とかに泊まったら仲居さんとかに心づけを渡す時くらい日常では無いですからね。(最近じゃそれも習慣としては無くなりつつあるらしいですね)

海外旅行先でのチップについての事例

 まあ海外旅行へ行く前にガイドブックなり何なりを事前準備の一環として一読すればザックリとチップについて説明してありますし実際にはそれで事足りるかとは思いますが念の為に下記に一般的なチップの相場などについて書いてみたいと思います。ちなみにチップは日本と同様に社会のシステムの中に組み込まれてない国だって海外には一杯ありますので何処でもここでも海外ならチップは必要という訳ではありません。

 タクシー・・・メーター料金の10%~15%程で荷物運んでもらったりしたら別にプラスαでもって目的地について料金を支払った後に降車時に払うのがスマートかななんて思ってます。

 レストラン・・・朝食(ブレックファースト)10%・昼食(ランチ)10%・夕食(ディナー)15% クレジットカードで支払う場合は、チップの金額を記入する欄があるいので自分で計算して記入しましょう。中には既にチップを含んだ金額で勝手に料金を計上してる場合もあるので二重払いをしないようにシッカリと確認しましょう。またチップの相場に高級レストランも普通のレストランも差は無いです。あくまでも相手のサービスに対する個人的な気持ちのようなものですからね。(私的解釈なんであってないかも!?)ちなみにレジまで行って会計の場合はテーブルに置いておきテーブルで支払う場合は直接渡します恐らく相手がチップ用のトレーなんか持ってると思われ。

 お部屋の掃除をしてくれるメイドさん・・・ホテルに滞在中にベットメイクやルームクリーニングをしてもらう方には1$ないし2$(ユーロも同じくらい)枕の下なんかに挟んだり何か重たい小物の下に挟んだりでOK。原則ベッドサイドより離れた所へチップを置くのは止めましょう。チップと思われない場合がありますので注意が必要です。

 ホテルのスタッフ・・・ベルボーイやポーターの方に荷物を部屋まで運んでもらったりしたら荷物1つにつき1$ないし2$(ユーロも同様)逆に部屋からタクシーまでなどその都度チップは渡す感じになります。 結構バカになりません。

 ファーストフード・・・基本的にはチップは不要です。 本当にファーストフードはオーダーも楽チンですがチップとかも必要なくてメンドウな計算とかもしなくて私的には大助かりです。

 上記チップの相場や習慣については私的経験を元にした見解となりますので一応参考程度って事で海外旅行する目的の国や地域によってケースバイケースで対応すれば宜しいかと思います。

 なおチップの必要な国では予め小額紙幣をポケットなんかに用意しておきましょう。いちいち財布を出してなんてしてると物騒ですし、せっかくチップを払うならスマートに決めたいものです。

 しっかし毎回海外旅行でチップの習慣がある国へ行くと思うんですがアメリカとかヨーロッパ(チップが必要ない国もありますよ)メンドクサイな~ってしかも相手のサービスに対する個人的な気持ちなんだから半ば義務的で半強制的なんてウザすぎです。会社がチップなんてアテにしなくてもいいように元からちゃんとお給料あげれば済む話なのにな~なんて思ってしまいます。だってチップありきの給料体系だからチップが無いと困るわけでしょ・・・それに会計時に最初からチップが明細に載ってるやつ本当にむかつきます・・・自分で指定するなら気に食わないサービスとかに対してチップを拒否したり減額を気兼ねなくできるのにとチップが習慣化された文化圏じゃモラルに反するでしょうが良い悪いは別としてコテコテの日本人的な発想ですが毎回思ってしまいます。まあチップを払わない人や惚ける方もいるから自衛策だったりするんでしょうがベタな日本人の私には何だか腑に落ちませんね・・・。

 くどいようですがチップの習慣や社会のシステムは本当に大嫌いです・・・。(まあ海外旅行で現地にいったらチップの習慣に従ってますけどね心中複雑です。)しかし社会のシステムにチップというのが組み込まれててチップを支払う事がマナーであり常識となってる国が海外旅行先のケースにおいては色々不満もあるかと思いますが郷に入れば郷に従えの精神で乗り切ってもらえればと思います。もし自分が逆の立場で労働の対価にチップが含まれてるのが前提だとして一切チップを貰えなかったらどういう気持ちになるかを考えてみれば自ずと答えは見えてくる気がします。



TOPページヘ