万が一海外旅行中に熱が出てしまったら

     初めての海外旅行TOP > 万が一海外旅行中に熱が出てしまったら

スポンサード リンク

 初めての海外旅行に関わらず海外旅行中は観光やショッピングなど限られた時間でついつい無理をしがちで且つ環境の変化や食べ物の変化なども加わり体調を崩してしまう事も多々ありますが、そういったケースの中でも厄介なのが単なる風邪の諸症状でなくがでてしまった場合というのが考えられます。そんな熱=発熱の症状がでてしまった場合にも風邪から来るタイプや下痢と共に併発したり単なる疲れやストレスからなど色々なパターンが考えられますが、そういった時にはどうすればいいのでしょうか?

海外旅行先で不運にも熱がでてしまったら

 今回は海外旅行先で発熱の症状に見舞われてしまった場合についての対処やその準備について書いてみたいと思います。 まあ単に疲れやストレスで体の抵抗力が弱って風邪気味から鼻水や咳と一緒に微熱がなんて場合が殆どかと思いますが基本的には日本で生活してる時と同じで市販されてる風邪薬を飲めばOKかと思いますが、私的には日本で売られてるパブロンやエスタック・ルルなどを持参される方が多いかとは思いますが海外旅行先の現地で薬の購入のがベターだって勝手に思ってます。(あくまで独断と偏見です)

 詳しい事は分かりませんが海外旅行先の薬局なんかで購入した風邪薬等の方が風邪などの諸症状に効く各成分が多く入ってるケースのが多いからってのが理由です。また国や地域によっては抗生物質が処方箋なくても含まれてるケースもありますので、より薬としての効きが強いのではないかというのもあります。(当然、現地の薬局で薬剤師さんみたいな人に症状の説明や諸々は英語なり身振り手振りのジェスチャーにて伝えるのは言うまでもありません)

 また単に体がダルイとか熱っぽいな・・・なんだか悪寒がするな・・・なんて時も上記の様な感じで個人的には対処しています。まあ都合よく薬局が見つからなかったり、自己診断で大した事ない時に念の為に飲んだりするようの風邪薬として日本の市販薬も一応は持参してますけどね好みは大正のパブロンゴールド(顆粒)だったりします。

 後は無理せずに観光やショッピングをするように心掛けて適度に休憩で早めの睡眠なんかが大事かと思われます。外国とはいえ大概の場所では栄養ドリンク類も売ってますので効く効かないは別として心持ちが違うのでソレを飲んだりなんかもいいのではないでしょうか。(本当は何もしないで寝てるのがいいのでしょうが海外旅行にせっかく来たのに勿体無いですからね・・・まあ程度によりますけど)

高熱の場合は無理をせずに最悪のケースも想定しておきましょう

 ただ体感で38℃とか39℃を超えてしまうような高熱だったり強烈な下痢と共に発熱したりだったら無理は禁物ですし(細菌からくる感染症なんかはヤバイので)素人判断では危険ですから現地で念の為に病院へ行くなり最低でも薬局で薬剤師さんに聞くなり(ヤバければ何らかのアドバイスくれるハズ)して対処しましょう。まあ自分の体ですから本当に酷い時は有無を言わさずギブアップしたくなりますから滞在中のホテルやゲストハウスのフロントに病院とかの場所を聞きたくなると思いますけどね。恐らく言葉が上手く出てこないとか英語が流暢に喋れないとか言ってられなくなりますしね。

 でも稀に気合と根性で乗り切ろうとする方も見受けられますが私は避けたほうがいいのではないかと思います。というか止めましょう。その為にも海外旅行保険には最低限の保障でも結構ですから加入は必須です。(別ページでも述べてますがクレジットカードへ自動付帯の海外旅行保険でもOKですから何か一つは入っておきましょう)

 まあ何にしても海外旅行中は無理は禁物ですし、限られた時間で誰しも体に無理をしてしまう事が多くなりがちですが体を壊しては本末転倒ですし海外旅行を有意義に過ごし楽しい思い出を残すためにも程ほどにして極力体調管理に注意し努めるように心掛けましょう。



TOPページヘ