もし海外旅行で下痢になってしまったら

     初めての海外旅行TOP > もし海外旅行で下痢になってしまったら

スポンサード リンク

 別ページにて海外旅行先での下痢になってしまう原因について考察してみましたが、それじゃあ海外旅行の期間中に下痢になってしまった場合はどうしたらいいのかというのを今回も私的な思い込みでの見解を述べてみたいと思います。自慢じゃないですが数ある海外旅行経験の中で下痢なんて数え切れないほど身を持って体験してますので少しはお役に立てるかもしれません!?

まずは下痢の症状は様々ですが・・・

 少しお腹が緩くてトイレが近いとか大きいのが柔らかいとかの軽い症状の下痢から腹痛を伴う下痢に嘔吐まで絡んできたり、発熱や体のダルさとかも加わったりと色々なケースが考えられます。運悪く細菌性の下痢になってしまったら症状も重くなりガチで正露丸とか市販の整腸剤ビオフェルミンとかじゃ太刀打ちできませんので早急に海外旅行先にある現地の薬局で抗生物質の成分が入ってる下痢に効く薬を購入しましょう。(本当にヤバそうだったら病院に駆け込むなどの最終手段だってありです)

 日本では病院で処方箋をもらわないと抗生物質の入った飲み薬とか手に入りづらいですが海外なら処方箋無くても薬局で購入できる場合が国や地域にもよりますが殆どです。 赤痢とかだと大変ですから自己判断になりますが下痢の症状がヘビーすぎる時には病院へ行った方がいいのは当たり前ですが正直海外旅行先で病院に行くってのは時間やお金その他モロモロ厳しいので薬局で抗生物質入りの下痢に効く薬を薬剤師に相談して買うのが一番の得策では無いかと思います。

 また下痢止めを用いて安易に下痢をSTOPさせるのは止めましょう!!体が危険や害と認識して下痢する事によって体の外に排出しているのに下痢止めで強制的にSTOPさせるのは交通機関の移動で長時間トイレが自由に使えないとかの理由が無い限り止めた方がいいと思います。本来なら滞在先のホテルとかでゆっくり休憩するのがベストですがそうもいかない場合も海外旅行中だと多々ありますからね。(しかし無理は禁物です。体を壊しては元も子もありません)毒素は外に出す絶対コレに限ります!!

 そして大事なのが水分補給です。風邪を引いて熱がでたりすると水分補給が大事と言われますが下痢の場合はもっとダイレクトに滝みたく水が勢い良く体の外へ流れ出ますから水分補給は重要です。脱水症状を起こすと大変ですし、より体力低下をもたらし下痢からの回復が遅くなってしまいかねません。最低でもミネラルウォーターでの小まめな水分補給となりますがスポーツドリンクの類をスーパーやコンビニで買えるのであれば栄養補給も兼ねられますし体への水分の吸収もいいですからソッチにしましょう。更にプラスαで栄養ドリンクも飲むと私的には尚OKです。(あくまでも経験上で医学的にはわかりませんけど・・・)

 *栄養ドリンクに関しては海外だとスーパーとかで韓国製とか海外製のリポビタンDみたいなののパクリ品が安価でありますので金額気にせずガブ飲みできちゃいます。

そんな訳で海外旅行先で下痢になってしまった場合には・・・

 結論:海外旅行先で万が一下痢になってしまったら正露丸や日本の市販薬より現地の薬局とかで抗生物質を購入しましょう!!そして安易な下痢止めは禁止です!!最後に忘れず脱水症状を起こさないように小まめな水分補給を心掛けましょう!!

 あくまでも私的な下痢になった場合の対策ですから参考程度にされて下さい。万が一海外旅行先での下痢が激しくて発熱をともなったり、あきらかに変な色の便がでたりしたケースにおいては取り返しのつかない事にならないよう病院がベストな選択であるのが前提な上での対策ですので自己責任でお願いします。



TOPページヘ