海外旅行時に妊娠中の飛行機の利用について

     初めての海外旅行TOP > 海外旅行時に妊娠中の飛行機の利用について

スポンサード リンク

 あまり妊娠中飛行機の利用というのは普段の経験であまり無いのが普通ですし実際に妊娠中で海外旅行なんかを考えてて(あまり勧められる事ではありませんが)経験談やなんかをネットで検索してる方が結構多いようなので今回は「妊娠中の海外旅行」をテーマとし私の実体験をベースに色々書いてみたいなって思います。今現在私には娘が2人いるのですが4歳と1歳半でそれぞれの子で妊娠中に計4回海外旅行してて当然ながら船では無く飛行機を利用しましたので少しで悩みや不安がある妊娠中の海外旅行予備軍の方のお役に立てればいいかなって思います。

妊娠中に飛行機を利用する際の注意点

 フライト時間や直行便や乗り継ぎ便について・・・実際に海外旅行へ行った場所としてはハワイ・グアム・タイになりましてグアムは3時間ちょっとで海外旅行としてはフライト時間が短い部類に入りますがタイは台湾経由だったりしたので途中乗り継ぎしてますから連続で長時間のフライトではありませんでしたが結局の所はハワイが連続時間という意味では一番長い時間のフライトでした。ですので経験側から言えば離陸や着陸時の気圧の急激な変動などが母体にどう影響するとか詳しいことはわかりませんが単純にどっちが楽かといえば気分転換等を含めて長距離のフライトの場合は理想としては直行便よりも乗り継ぎとかにした方がいいのかなって思います。

 通常だと目的の海外旅行先まで時間の掛からない直行便のほうが良いに決まってますが飛行機の座席って窮屈ですしお腹も大きいだしで常に負担が掛かってる状態ですから適度に極力体を自由にしてあげ少しでもストレスなんかを解消するのに乗り継ぎ先の空港で休憩するのもアリかなと・・・。(あまりバタバタしたプランでなくゆったりめの乗り継ぎで) まあ飛行機なんて乗ったら即寝で食事とトイレ以外は永遠と睡眠してればいいんですけど偶然というか日本からタイへのフライトが偶々乗り継ぎのケースで台湾経由だったので直行便より体が楽だった気がしたので書いてみました。

 妊娠中の特別事項として書面への記入・・・そして妊娠中の飛行機の利用だと航空機のチェックインカウンターで何かあっても知りませんみたいな書面に全て自己責任の元にみたいな風に署名させられる場合もありますのでシッカリ読んだ上で納得の元記入しましょう。とはいえ無事に飛行機に乗る為には書くしかないので(と思われる)最初の1回目は読みましたが後の数回は適当に流し読みでサインしちゃいましたけどね。キャセイパシフィックやチャイナエアラインでは書かされてデルタ航空ではセルフチェックインで書かなかったかな?ちょっと記憶が怪しいかも・・・。(なんせ何年も前の話ですからね・・・。)

 あと妊娠中だと特別待遇とか気にかけてもらえるとか思われてる方もいるかもしれませんがチェックインや搭乗の際に順番が少し優遇される事があるくらいでフライト中は全然普通のお客さんと同じ扱いなんで勘違いしないようにして下さい。多分CAさんとかからしたら問題起こったら大変だし乗ってくんなよって思ってるんじゃないでしょうか・・・たまたま私が日系の飛行機乗ってないからかもしれませんが恐らく大差は無いと思われ・・・自分でも正直言えば妊娠中の飛行機の利用は体への負担や万が一のトラブルを考えらたら止めたほうがいいのは分かりますしね。

 でもって妊娠中の飛行機の利用で一番大事な事はコレです!!海外旅行ツアーを検討予約する前に一通りの航空会社の妊婦にかんする規定を一読して妊娠何週目までOKかとか医師の診断書は必要かとか付き添いは必要かなどを下調べして把握しておく事!!せっかく予約いれても妊娠何週目で乗れないとかじゃ最悪ですし・・・。一番無難なのは当たり前ですが海外旅行ツアーの予約でも航空券の予約でも旅行会社なんかに妊娠中でフライト予定日が妊娠何週目になるかを伝えておくことかと思いますが大事な点なんで忘れずに注意して下さい!!

 ちなみに最近はマタニティ旅行とかいって出産までのリラックスや気分転換も兼ねて海外旅行しようみたいな宣伝文句を見かけたりしますが散々妊娠中に飛行機乗って海外旅行しといて説得力に欠けますが決してオススメできる行為ではありませんので念の為。母体に与えるリスクみたいな事を考えたらマイナスの要素はあってもプラスに働く効果なんて微々たるものなんでそういった点を冷静に判断した上で決断をしましょう。安易にフラフラっと普段の調子で飛行機乗って旅立つのもどうかと思います・・・。あと個人的に妊娠中の飛行機の利用にてトラブルに遭遇した話が別ページの妊娠中の海外旅行にてありますので興味があれば読んでみて下さい。



TOPページヘ