子連れ海外旅行で迷子札を活用したら

     初めての海外旅行TOP > 子連れ海外旅行で迷子札の活用

スポンサード リンク

 子連れでの海外旅行を考えた場合に色々と問題は山積みですが、万が一子供が海外旅行先で迷子になってしまったらどうしようというのがあるのではないでしょうか?私は子連れで海外旅行に行く時は常に迷子になった場合のケースは想定しつつ旅行のプランを練ったりしてますが完全に迷子を防止する有効手段はないのが現状なので迷子札というアイテムにて対処しています。

 日本にいる時は面倒ですし普段の日常では迷子札なんて活用してませんが海外旅行先では万が一迷子になってしまった場合に子供を見つけるには少しでも早く無事に見つかる手段や手掛かりがあったほうがベターですから子連れで海外旅行をお考えであれば是非ともコノ迷子札を真似して活用して頂きたいと思います。(偉そうに真似とかいう程オリジナリティーないですけど・・・) でもって迷子札はどういった風に作ってるかというと単に白い布に黒いマジックで記入して着て行く服や帽子の裏に一つずつ縫い付けるといった感じです。まあ迷子札としてはありきたりの類かと思います。そして大事なのは何を記入するかという事になりますが以下のように定型化してます。

迷子札への記入ポイント

 ①名前 ・年齢 ・ホテルの名前と電話番号(事前に調べておきます) 

 ②簡単な英文・・・実際たいした事は書いてません。まあ緊急用ですし子供が迷子になった際に見つけてくれた方とかから連絡がとれればOKな感じです。(大使館や警察とかショッピングセンターとかかな?)幸い今まで迷子札のお世話にはなった事は無いので効果の程は未知数ですが、できれば威力を発揮して欲しくはないものです。

 そしてこの迷子札に関して海外旅行で検索してると否定的な意見も目に付きましたが本当に子供を持ってる方の回答かと思うような意見もチラホラあったんで少し私的見解を書いてみたいと思います。

 賛否両論ある事が前提で言わしてもらうと、誰も好きで子供が迷子になってしまう訳では無いし、四六時中子供を注意深く見守っていても迷子になったり逸れてしまったりというのは起こりうる可能性があるという事。だからこその迷子札なんであって、海外旅行だからってショッピングや観光に張り切りすぎて子供の面倒を手抜きしたいとかそういう理由は通常なら微塵もないという事・・・な訳でして・・・。

 なんだか海外旅行中の迷子対策として事前に迷子札を準備する事があたかも海外旅行で遊び呆ける気が満々でみたいな意見も目にしたので「はっ?何言ってんの?」みたいに正直思ったんで書いてみた次第です。

 確かに海外では法律云々で日本にいる時より厳重に子供を親の監視下(?)に置いておかなければならない国もありますが、それは法律が存在しなくても親として当然果たす責務ですから実際には気をつける点として少し意識する位でOKなんじゃないかと思います。それと迷子札を事前に海外旅行での子連れ対策として準備する事の重要性は何ら結びつかないと個人的には考えますので、やっぱり子連れで海外旅行をする際には迷子札は大事かと思います。

 とにかく子供が迷子になるというのは海外旅行中のビッグプロブレムであり一大アクシデントに変わりないわけで、万が一遭遇した場合に少しでも解決する為の糸口として布石を打っておく事が重要なのであり手抜きの為の手段では無い訳ですから今後子連れでの海外旅行を考えてる場合には是非とも迷子札の有効活用を考えてもらえたらと思います。 (例えば子供に犬を散歩するのに用いるリードのようなものをつけてる人がいますが、ああいう類は手抜きであって個人的には賛成できません)

 ちなみに私的には日本にいる時も海外旅行中も一回も子供が迷子になった経験はありませんのでアシカラズ。まあ結果としてであり偶々運が良かっただけかもしれませんけどね。

 一般の方より少しは海外経験豊富ではありますが子供が海外で迷子=誘拐とかと紙一重な部分はありますので決してショッピング中も観光中も手を抜くことなく(結構シンドイ部分はありますが)子供の事を常に気にかけて海外旅行を満喫してます。こんな私でも迷子札の重要性を説いてるのですから少しはご理解いただければ幸いですし参考程度に頭の片隅に置いてもらって実際に子連れで海外旅行をする段階になりましたら真摯にこういった問題について考えていただけたらと思います。

 なんだか硬い話になってしまいましたが最後に迷子札の簡単な英文の例でも載せておきます。 I`m lost child. Please call to hotell.みたいな感じです。英文的にはダメダメですが簡潔に大概の人が呼んで漠然とでも意味が伝わり連絡をしてくれれば迷子札として十分なので、こういった表記にしてみました。英語圏でなければ母国語しか読み書きできない人のが多いですしね。

 何にしても親のエゴが大半の子連れでの海外旅行ですから常に目の届く範囲に子供を置きつつ子供>観光>買い物位の優先順位で気持ちを配分しつつ海外旅行を楽しむように心掛けましょう!!(ひつこいようですが当ページの迷子札に限らず当WEBサイト全体が私的見解であり、こういったケースにおいては色々な考えの方がいらっしゃると思いますが、その全てを否定するものではありませんので念の為)



TOPページへ