海外旅行に赤ちゃんのパスポートの準備は?

     初めて 海外旅行 TOP > 海外旅行で赤ちゃん用パスポートの準備は?

スポンサード リンク

 初めての海外旅行という訳ではありませんが海外旅行へ行くのには0歳からでもパスポートは絶対に必要だったりします。この生まれたての赤ちゃんであってもパスポートは必ず必要だという事について以外に知らない人は多いみたいで私の子供たち2人それぞれ1歳でパスポートを取得したのですが毎回色々な人に「へぇ~赤ちゃんでもパスポートいるんだ?」みたいに言われてしまいました。まあ海外旅行に興味なければ当然の反応かとは思いますから特に何という事はありませんがパスポートに対する認識は日本人て案外甘い人が多いかなって気はします。

 であれば子供や赤ちゃんにもパスポートが必要であれば取得に関してが疑問として気になる点かとは思いますがいかがでしょうか?その点に関しては実際難しいことなんて全くありませんし細かい点をいくつか除けば大人がパスポートを取得する手順となんら変わりはありません。

 パスポート申請用紙に記入して、証明写真を撮って、戸籍謄本などを用意してみたいな感じです。ただ大人の場合は5年用・10年用と選べますが5年用のみしか選べません。やはり子供は成長が早く顔なんかも全然変わってしまうからなのだと思われます。(5年用でも最後は全然違いますから意味なさそうですけど・・・)あとは費用が違ったりとかですかね。

 しかし赤ちゃんのパスポート取得には別の点で問題は大いにあったりします!!それは幼児の場合限定なのですが、証明写真の撮影なんです!!首が据わってない赤ちゃんはそんなに大変じゃないと思うのですが、寝返りやお座りできるようになっても大変なんですが中途半端に一人で歩けるようになったばかりの赤ちゃんは更に無茶苦茶大変だったりします。なんせ動きが止まらない、泣く、笑うみたいな・・・。

 子供の成長は嬉しい限りですが時と場合によりけりですし、時には修羅の如しです。本当に根気よくあやしながらパスポート用jの証明写真の撮影を頑張りましょうというしかありません。ですが経験則として以下に私が感じたコツみたいのをピックアップしてみました。

赤ちゃんのパスポート用の証明写真撮影のポイント

首が据わってなくて座れない時期は、白いシーツの上に寝かして撮る

寝返りできるようになりお座りができる時期は、白い壁の前に座らせてカメラのレンズの淵に目立つシールを貼るとかし注意を引きながら撮る(目線をカメラのレンズに合わせる為)

歩けるようになったら・・・上記2と基本的には同じですが白い壁の前で親の膝に座らせカメラのレンズに貼ったシールに気を引きながら撮る。更には顔と肩の上部位しか証明写真に写りませんから片手もしくは両手にお菓子やパンにおもちゃでも持たせて落ち着かせるのも一つの手です

ポイントとしては以上のような感じでしょうか・・・あくまでも私の経験上ですけどコツは、とにかく根気よくです!!なんだかアドバイスになってない気もしますが・・・短気は損気と思いつつ気長にあやしながら撮影しましょう。(親が写らないように気をつけるのは言うまでもありません!!あとは時間に十分な余裕を持つのも大切です)



TOPページへ